利用者急増 小田急の「外国人旅行センター」 100万人目利用者の行き先は?

新宿駅構内にある「小田急外国人旅行センター・新宿」が利用者100万人を突破。その存在は海外でも認知されているそうです。

鉄道業界では先駆的 「ビジット・ジャパン」以前から

 小田急線新宿駅構内にある「小田急外国人旅行センター・新宿」が、2016年12月13日(火)午後に利用者100万人を突破しました。

 同センターは1999(平成11)年に開設。政府が主導する外国人旅行者の訪日促進活動「ビジット・ジャパン・キャンペーン」が始まる以前からあり、鉄道業界における訪日外国人向け案内所の先駆的な存在です。現在は留学生を中心に、語学に堪能がスタッフ約60人が働いています。

161213 odakyuforeigner 01
右から100万人目の利用者となった顧依凡さん、その友人の季承洋さん、小田急電鉄の内田克美新宿駅管区長(2016年12月13日、中島洋平撮影)。

 利用者通算50万人を突破したのが2012年9月。それからわずか4年強で100万人に達していることからも、利用者の著しい増加がうかがえます。「海外のガイドブックなどでも紹介され、多くのお客様に認知されています。午前中には順番待ちの行列が長く延びることもしばしばです」と、小田急電鉄CSR・広報部の斉藤庸介さんは話します。

 なお、2010(平成22)年には小田原駅(神奈川県小田原市)構内にも同センターを開設。ここは今年11月までに30万人が利用しています。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント