米大統領専用機、破格のワケ トランプ氏「エアフォースワン」キャンセル発言は撤回必至か

次期米大統領のトランプ氏が新しい米大統領専用機について、価格を理由にキャンセルする旨の発言をしましたが、さすがに無理があるようです。なぜそこまで高価で、そしてキャンセルが難しいのでしょうか。

トランプ氏、「エアフォースワン」をキャンセル?

「現在生産中の新しい大統領専用機、ボーイング747『エアフォースワン』は、コストが膨れ上がり2機で4000億円以上にもなっている。発注はキャンセルだ!」

 2016年12月6日(火)、次期アメリカ大統領ドナルド・トランプ氏は、自身のTwitter公式アカウントにおいて、新しい「エアフォースワン」のキャンセルを示唆するこのような発言をしました。

161214 airforceone 01
「エアフォースワン」現行機は1990年、ジョージ・H・W・ブッシュ(ブッシュ・シニア)元大統領の任期2年目に就役(写真出典:senohrabek/123RF)。

「エアフォースワン」こと、アメリカ合衆国大統領専用機VC-25は、旧式機ボーイング747-200を原型としており、その老朽化から後継機ボーイング747-8を原型とした新しい「エアフォースワン」に更新されることが決まっています。

 旅客機型747-8は1機あたり約400億円です。次期日本政府専用機ボーイング777も通常の旅客機型より高いとはいえ、2機で1355億円(整備運用などにおける準備費を含む)。それに比べると「エアフォースワン」は2機で4000億円と破格です。なぜこのような高額になってしまったのでしょうか。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. ラスランをエアフォース・ワンにして、で~タラップは使わず専用車に乗って降りてくる大統領というビジュアルがw
    自国の工場に仕事を回すメリットを誰か吹き込まないのか?

  2. 大統領という職責を防護する為に必要な経費で民間機とは比べ物にならない装備品なんだが…
    同盟国にスペックダウンしたものを捌くから安くしろと言いかねない大統領だな

  3. そら無理やw