日高本線・鵡川~様似間の復旧を断念 JR北海道、地元と協議へ

費用負担めぐり合意に至らず… 今後の展望は

 一方、被災した路線を復旧させるには、JR北海道の試算では約86億円が必要であり、海岸浸食対策の費用を含めると100億円を超えるとのこと。さらに今後も鉄路を維持しているためには収支差額や土木構造物の老朽対策として単年度費用16.4億円を要するとしています。

 しかしJR北海道単独では復旧費を負担できず、また、維持に必要な単年度費用16.4億円のうち、JR北海道の負担分3億円(経費相当額)を差し引いた13.4億円の負担をめぐり、上下分離方式や費用支援の案などで沿線自治体と合意に至らなかったことから、JR北海道は鵡川~様似間の復旧を断念したとしています。

 今後、JR北海道は代替交通の構築などに向け、バス路線への支援や一定期間における定期運賃の差額補填、鉄道施設を利用した地域振興のための施設整備協力などについて、沿線自治体と協議を進めていく考えです。

 なお、日高町長が要望した鵡川~日高門別間20.8kmの復旧および維持費の試算については、別途回答するとしています。

【了】

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 一刻も早くバスに転換して、浮いた部分を他に回さないと持たんだろう。
    生き残った路線を生かさないと将来ないからな。

    バスも交通手段の一つだし、鉄道にこだわっている暇はない。