日比谷線に新車13000系デビュー まず期間限定で 車内に「日比谷線色ドラえもん」

東京メトロ・日比谷線の新型車両13000系が本格的な運転開始を前に、「クリスマスプレゼント」として特別運転を実施。「日比谷線色ドラえもん」も登場するなど、乗車したら「上」にまず注目です。

3代目、デビュー

 東京メトロ・日比谷線で2016年12月23日(金・祝)、新型車両の13000系電車がデビューしました。現在は試運転などを行っており、本格的なデビューは2017年3月の予定ですが、「クリスマスプレゼント」(東京メトロ)として12月25日(日)までの3日間限定で特別運転されるものです。始発駅の南千住にはカメラを持った人など大勢が待ち受け、多くの立ち客が出るなか、特別列車は発車しました。

161223 hibiya 01
南千住駅区長による出発合図で南千住駅を発車、営業運転を開始した日比谷線の新型車両13000系(2016年12月23日、恵 知仁撮影)。

 特別列車は期間中、南千住~霞ヶ関間を1日1往復。別料金や申込みは不要で、誰でもひとあし早く日比谷線の新車に乗ることができます。ダイヤは以下の通りです。

●中目黒方面行き
南千住 9時16分発 → 上野 9時22分発 → 秋葉原 9時26分発 → 銀座 9時38分発 → 霞ヶ関 9時42分着

●北千住方面行き
霞ヶ関 9時53分発 → 銀座 9時57分発 → 秋葉原 10時10分発 → 上野 10時13分発 → 南千住 10時19分着

 北千住駅(東京都足立区)と中目黒駅(同・目黒区)のあいだ20.3kmを結ぶ東京メトロの日比谷線。今回デビューした13000系は、1961(昭和36)年登場の「初代」3000系電車、現在の主力車両である1988(昭和63)年登場の03系電車に続く、「3代目」の日比谷線車両です。

 ちなみに「初代」と「3代目」には、ある共通点が存在します。「『東京オリンピック』に向けて製造された」ことです。東京メトロによると、「3代目」13000系は2020年の「東京オリンピック」に向け日比谷線の車両を新しくするために、「初代」3000系は1964(昭和39)年の「東京オリンピック」に向けて近代的かつサービス向上を図った車両として登場したといいます。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 東急東横線への直通復活を期待したいが、既に副都心線や東武、西武と行き来しているため難しいかな?
    ただでさえ複雑怪奇なのに火に油を注ぐ形になってしまうんだろうし。