東京メトロ日比谷線、共通化で安全性向上へ 新型車両13000系登場

東京メトロが日比谷線用の新型車両13000系を公開。これによって快適性や利便性の向上、そしてホームドアの設置推進が実現する見込みです。

ドア配置の共通化でホームドア設置へ

 東京メトロが2016年8月31日(水)、日比谷線用の新型車両13000系を報道陣へ公開しました。日比谷線は北千住(東京都足立区)と中目黒駅(同・目黒区)を結ぶ20.3kmの路線で、「東京オリンピック」が開催された1964(昭和39)年までに全線が開業。北千住駅から東武線の南栗橋駅(埼玉県久喜市)まで直通運転を行っています。

いちばん右が日比谷線従来車両の系譜を踏襲しながら、近未来的な形状アレンジを加えたという東京メトロ13000系電車。左は現在の03系電車(2016年8月、恵 知仁撮影)。

 このたび登場した新型車両の13000系、その大きな特徴は「共通化」です。現在、日比谷線を走っている車両は1両あたり片側3か所であったり5か所であったり、乗降用ドアの配置が車両によって異なりますが、新型車両は、それがすべて1両あたり片側4か所になります。

 そしてこれにより、日比谷線へホームドアを導入するにあたっての大きな課題が解消され、2020年度から2022年度にかけて、現在はそれが未設置である同線の全駅へ、ホームドアが導入されていく予定です。

乗降用のドアが1両あたり片側4か所にそろえられる日比谷線の新型車両13000系(2016年8月、恵 知仁撮影)。

 転落を防止するなど安全性を高めるホームドアですが、列車によって乗降用ドアの位置が異なると、それにホームドアの開口部をあわせるのが難しいという課題があります。「ドア配置の共通化」で、それが解消されるわけです。

 東京メトロは、こうした車両やホーム構造のかかえる課題からただちにホームドアを設置することは難しくとも、順次それを解消し、全路線へホームドアを導入し安全性を高めていく予定といいます。

この記事の写真一覧

1 2

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 20m4扉車導入に伴って東急との直通を復活すべしという声が聞こえてくるが、止めておいた方がいいだろう。確かに復活すれば旅客からは歓迎されるだろうが・・・。
    以前と異なり副都心線との相互直通を実施しており、これ以上ダイヤが複雑化すると平常時でも管理が大変だし、いざ非常事態に陥った際に手がつけられなくなる。

    仮に直通を実施したとしても、土休日ダイヤの臨時列車レベルに留まることになろう。