スキー列車「シーハイル」1日限定ツアーで復活 上尾~越後湯沢間で運転

JR東日本高崎支社が、2015年度の冬まで運行していたスキー客向けの臨時列車「シーハイル」を、2017年2月にツアー専用列車として復活させます。

189系電車で運転予定

 JR東日本高崎支社は2016年12月28日(水)、「団体専用列車 シーハイル」を上尾~越後湯沢間で運転すると発表しました。

 列車はツアー専用で、上尾発と越後湯沢発の2コースが発売されます。運転日は2コースとも2017年2月4日(土)です。

161229 jreschiheil 01
かつて運転された臨時快速「シーハイル上越」。写真の車両は、今回使用される予定の189系と基本仕様が同一の183系(写真出典:photolibrary)。

 2015年度の冬まで、スキー、スノーボード客向けの臨時快速「シーハイル上越」が、大宮~石打間などで運転されていました。両毛線の佐野駅(栃木県佐野市)を発着する臨時快速「シーハイル両毛」も運転されたことがあります。

 2016年度は臨時快速「シーハイル」の運転はありませんが、「多くのお客さまから復活を望む声をいただき、今回1回限りの団体臨時列車として国鉄特急色189系で運転を予定しました」(JR東日本高崎支社)とのこと。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. なぜ大宮ではなく、上尾!?

    • 高崎支社の企画だからだと思います。
      大宮は大宮支社なので。