新幹線とクルマが同じ橋を並走 日本初、新幹線と道路の「併用橋」登場へ

新幹線の風圧は大丈夫? 開通時期は

 新幹線と道路が一体化した新九頭竜橋。新幹線が通過したときの風圧が、クルマや歩行者に影響を与えることはないのでしょうか。

Large 170119 shinkuzuryubashi 02
建設中の新九頭竜橋。左奥が福井駅側。河川部の橋脚はほぼ完成している(写真出典:福井県)。

 福井土木事務所によると、新九頭竜橋はほとんどの列車が停車すると想定されている福井駅から約5kmと近いため、列車は減速していること、新幹線が通る部分には防音壁を設ける予定であること、そして道路よりも少し高い場所を新幹線が通ることから、列車通過時における風圧の影響は少ないと考えているそうです。

 2017年1月現在、河川部の橋脚はほぼ完成し、道路の橋げたなどの建設が進められています。開通時期は、北陸新幹線が金沢駅から福井県の敦賀駅まで延伸される2022年度末の予定。道路については未定ですが、福井土木事務所によると新幹線を優先しつつ、できるだけ早い開通を目指しているそうです。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. やるう 新名所

  2. イメージ図すごいな
    こうやって見ると新幹線でかい
    260キロでも体感がすごそう

  3. ドライバー諸氏にあっては新幹線に見とれてわき見運転の上、前車に追突したり、新幹線と競争しようなどと愚考せぬ様に。

  4. 完成予想図には歩道もあったけど、(新幹線の)騒音や振動は大丈夫か?
    風圧で歩行者が吹っ飛ばされそうな気もするけど....。

  5. 事故って新幹線の線路上に自動車突っ込んだらシャレにならないぞ

  6. これは面白そう。名所になるね。
    北陸新幹線の敦賀開業が楽しみ。