まるで雪の怪物? 6日で600万回以上再生された機関車の動画

機関車が雪をかき分けて走る動画が注目を集めています。左右に雪をはじきながら列車が走る姿は珍しくありませんが、この動画はレベルが尋常ではなく、まるで雪の怪物が走っているかのようなのです。

舞い上がる雪煙、襲われる撮影者

 2015年2月3日にカナダのディーゼル機関車を撮影した動画が、公開から6日で600万アクセスを突破。人気を集めています。

北海道の宗谷本線を走るラッセル車(除雪車)。カナダはこれどころではなかった(2007年12月、恵 知仁撮影)。

 一週間足らずに3回もの大きな吹雪に見舞われたカナダ東部、大西洋に面するニューブランズウィック州。そこで機関車が、線路に積もった雪をかき分けながら接近してくる映像です。ただ線路に積もった雪を列車が左右にかき分けて走るシーンは、珍しいものではありません。しかし、この映像は「かき分ける」というレベルではないことから人気のようです。

動画URL
https://www.youtube.com/watch?v=Yja2VmZOfdA

 映像ではレールがまったく見えない線路の上を、ディーゼル機関車ES44DCがけん引するカナダディアン・ナショナル鉄道貨物列車が接近してきます。しかしかき分ける雪の量が非常に多く、まるで巨大な雪の怪物が突進しているかのよう。凄まじい迫力です。

 また撮影は踏切から行われており、その踏切の道路部分は除雪されていました。しかし道路から除かれた雪が線路をふさぐように置かれていたため、そこへ列車が衝突。飛散する大量の雪に襲われた撮影者は、「ばかでかいスノーシャワーだ」というコメントを残しています。

 ちなみにこの機関車ES44DCは、アメリカのGEトランスポーテーションが製造した電気式ディーゼル機関車。搭載する12気筒のディーゼルエンジンは4400馬力を発揮し、GEトランスポーテーションの資料によると、1両でボーイング747「ジャンボジェット」170機分と同等のものを引き出すことができるとされています。

【了】

この記事の写真一覧

  • 20150209_russell

関連記事

最新記事

コメント