初代「こまち」車両で秋田から上野へ 秋田新幹線20周年で特別運行

秋田新幹線が開業20周年。これを記念し、2014年まで「こまち」として使用されていたE3系電車が、秋田~上野間を団体列車として走ります。

2017年3月、秋田新幹線は開業20周年

 JR東日本秋田支社は2017年1月20日(金)、秋田新幹線「こまち」の初代車両であるE3系を使用した団体専用列車を上野~秋田間で運行すると発表しました。

 1997(平成9)年3月22日に開業した秋田新幹線は今年、開業20周年を迎えます。これを記念し、開業時から2014年3月まで「こまち」に使用されたE3系電車による秋田新幹線の列車が1往復限定で特別運行されます。

170123 jreakitae3 01
秋田新幹線「こまち」用として使用されたE3系電車(2011年12月、恵 知仁撮影)。

 ツアー名は「秋田新幹線開業20周年号で行く 東京日帰りの旅」です。行程は3月25日(土)日帰り。上りは秋田発7時00分、上野着11時38分、下りは上野発17時50分、秋田着21時50分です。途中は大曲、角館、田沢湖駅に停車します。全車禁煙席で車内販売はありません。

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. よく保存されていたものですね。
    多分、製造メーカーにいって塗装とかのメンテナンスを受けたでしょう。
    単独走行なら乗ってみたい。
    この記事だと仙台駅の停車に触れていない。

    • 保存というより、東北新幹線「なすの」として、そして側面のロゴを撤去して定期運行を行なっていました。
      仮に動態保存だとしても、わざわざ製造元のJ-TREC(又は川崎重工)に回送したりはしません。
      仙台新幹線車両センターで可能です。

      突然失礼いたしました。