臨時列車「越生観梅号」14年ぶり復活 リバイバル塗装編成を使用 東武

乗車のきっぷは運転当日に発売

 乗車には「おごせ散策きっぷ」と「越生観梅号」着席整理券、「とうぶせんでんしゃシリーズ」カードを含むセット券が必要。セット券は運転当日の午前7時から東上本線・池袋駅の南口改札外で発売されます。2500円(子供1500円)で、160セット限定です。発売開始の時点で定員以上の人が並んでいる場合は抽選になります。なお、坂戸~越生間は定期列車として運転されるため、乗車券のみで乗車できます。

「おごせ散策きっぷ」は越生駅までの往復割引運賃や620円(子供310円)分の買い物券などが含まれています。ちなみに池袋駅での通常の発売額は1710円(子供860円)です。

「越生梅林梅まつり」では毎年2月中旬から3月下旬まで、1000本以上の咲きそろった梅を楽しめます。まつり会場ではミニSLの運行や郷土芸能の披露などが予定されています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント