JR貨物スペシャル「プラレール」ジオラマ誕生 貨物駅の臨場感再現

JR貨物が創立30周年を記念し、タカラトミーとコラボ。「貨物鉄道に特化したプラレール」のジオラマを制作しました。機関車や貨車など85両が登場するほか、「E&S方式」の貨物駅も再現されています。

車両合計85両 「貨物鉄道の現場に即した内容」

 JR貨物は2017年2月15日(水)、タカラトミーとのコラボで制作したオリジナルの「プラレール」ジオラマを、東京都新宿区の本社に設置しました。

「プラレール」で再現された貨物機関車の車両基地(2017年2月15日、中島洋平撮影)。

 JRグループが今年4月に発足30周年を迎えるにあたり、JR貨物本社を訪問する人へ貨物鉄道の世界を紹介するため、設置したものです。JR貨物広報室の東城暢毅さんは、「普段の生活ではなじみの薄い貨物鉄道に親近感を持ってもらうため」と、その目的を話します。

レイアウトの全景。その外周を、10両編成の貨物列車2本が走る(2017年2月15日、中島洋平撮影)。

 ジオラマは鉄道玩具「プラレール」のメーカーであるタカラトミーが制作し、JR貨物が「貨物鉄道の現場に即した内容」になるよう監修しました。幅2.4mのジオラマには、機関車19両、貨車61両、貨物電車5両の計85両を配置。JR化後に登場したほとんどの機関車が網羅されているほか、複数の線路が交差する操車場、貨物の構内などが再現されています。

この記事の写真一覧

1 2 3

関連記事

最新記事

コメント