最後の583系、4月引退 「ラストラン記念入場券」限定発売へ JR東日本

JR東日本秋田支社に所属する最後の583系電車が、2017年4月8日の運転をもって引退します。これにあわせ「『ありがとう583系』ラストラン記念入場券」が発売される予定です。

ラストランの発着駅で発売

 JR東日本秋田支社は2017年2月17日(金)、同支社に所属する特急形寝台電車583系の引退にあわせ、「『ありがとう583系』ラストラン記念入場券」を発売すると発表しました。

 583系は1968(昭和43)年に登場。座席と寝台を兼ね備え、東北方面など多くの路線で昼夜問わず使用されました。今回、最後まで残っていた583系の1編成(6両)が、4月8日(土)の、秋田~弘前間の運転をもって引退します。

170220 jre583ken 01
2017年4月8日、秋田~弘前間の運転を最後に583系電車が引退する(2011年2月、恵 知仁撮影)。

 記念入場券は、ラストランの発着駅である秋田駅(秋田県秋田市)と弘前駅(青森県弘前市)の入場券2枚(大人1枚、子供1枚)と専用台紙のセットです。値段は210円。発売箇所は秋田駅と弘前駅で、各駅1000セットが用意されます。

 ラストラン当日である4月8日(土)午前5時30分から、入場券の有効期限である4月30日(日)まで発売(ただし売り切れ次第終了)。購入は1人5セットまでです。また、券番の指定はできません。

 なお、秋田駅では4月1日(土)から5月7日(日)までの期間、7~8番線連絡通路「駅のはなみち」では、583系電車のラストラン記念写真展が開催される予定です。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント