JR四国の新型特急車2600系 「革新的車両」の名、四半世紀を越え受け継ぐ

JR四国が、約30年ぶりに製造した完全新型の特急形ディーゼルカー2600系。そこにはJR四国の、「世界初」を実現したある革新的車両の名前が受け継がれていました。

「四国横断特急」

 JR四国の新しい特急形気動車(ディーゼルカー)2600系が2017年2月、高松運転所へ到着しました。同社がまったく新しい特急形ディーゼルカーを導入するのは、1989(平成元)年にデビューした2000系特急形ディーゼルカー以来、およそ30年ぶりになります。

170222 2600 01
JR四国2600系特急形ディーゼルカーのキャッチコピーは「TRANS SHIKOKU EXPRESS」。写真の乗降用ドアなどにその文字、マークが存在する(2017年2月、恵 知仁撮影)。

 このたび登場した2600系には、あるキャッチコピーが与えられています。「TRANS SHIKOKU EXPRESS」です。日本語でかんたんにいうと、「四国横断特急」といったところでしょうか。JR四国の担当者によると、そのキャッチコピーに添えられている「X」状のロゴマークは「四国」をイメージしたもので、斜めにするなどして「四国のどこでも駆け抜ける疾走感」を出したといいます。2600系はディーゼルカーであるため、線路の上に電気を供給する架線がない区間でも、走行が可能です。

170222 2600 02
JR四国2600系特急形ディーゼルカーの側面、連結部分にも「X」状のマークが描かれている(2017年2月、恵 知仁撮影)。

 ただ、2600系の「TRANS SHIKOKU EXPRESS」というキャッチコピーには、ある別の“思い”もあるといいます。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント