「ありがとう松原団地駅」記念乗車券発売 4月は「獨協大学前」乗車券も 東武

東武鉄道が2017年3月1日、「ありがとう松原団地駅記念乗車券」を発売しました。また、4月1日からは「獨協大学前〈草加松原〉駅名改称記念乗車券」を発売する予定です。

4月1日「獨協大学前〈草加松原〉」に駅名を改称

 東武鉄道は2017年3月1日(水)、「ありがとう松原団地駅記念乗車券」を発売しました。

 4月1日(土)に、東武スカイツリーライン(伊勢崎線)の松原団地駅(埼玉県草加市)が「獨協大学前〈草加松原〉」駅に改称されることを記念するもので、北千住~松原団地間の大人往復乗車券(軟券仕様)と、高架駅になる前の駅や松原団地の空撮写真を使用した台紙からなります。3000セット限定で価格は500円。1人5セットまで購入できます。乗車券は3月31日(金)まで、各券1回限り有効です。

170301 tobueki 01
「ありがとう松原団地駅記念乗車券」のイメージ。上がオモテ麺、下がウラ面(画像:東武鉄道)。

 また、4月1日(土)からは「獨協大学前〈草加松原〉駅名改称記念乗車券」が発売されます。獨協大学前から浅草ゆき(310円)の大人片道、250円区間ゆきの大人片道、360円区間の子供片道、80円区間の子供片道の4枚(硬券仕様)と台紙がセットになって、価格は1000円。3000セット限定で1人5セットまで購入できます。乗車券は4月30日(日)まで、各券1回限り有効です。

 いずれの記念乗車券も、東武線の浅草、とうきょうスカイツリー、曳舟、亀戸、北千住、西新井、竹ノ塚、草加、松原団地、新越谷、北越谷、春日部、北春日部、東武動物公園、久喜、羽生、南栗橋駅と、「東京ソラマチ」内の東武グループツーリストプラザで発売。売り切れ次第終了です。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント