急行「ぬくもり飛騨路号」5月運転 高山本線に新しい観光列車 JR東海

2017年5月、JR東海が臨時急行「ぬくもり飛騨路号」を名古屋~飛騨古川間で初めて運転します。

名古屋~飛騨古川間を往復

 JR東海は2017年3月2日(木)、新しい観光列車として臨時急行「ぬくもり飛騨路号」を運転すると発表しました。

 運転日は5月13日(土)、14日(日)、20日(土)、21日(日)、27日(土)、28日(日)。区間は名古屋~飛騨古川間です。車両特急「ワイドビユーひだ」などと同じキハ85系ディーゼルカー4両が使われます。運転時刻は次のとおりです。

●下り
名古屋発9時05分→岐阜発9時27分→高山着12時10分→飛騨古川着12時33分
●上り
飛騨古川発13時37分→高山発13時54分→岐阜着17時07分→名古屋着17時32分

 このほか美濃太田、飛騨金山、下呂にも停車。途中、飛水峡(岐阜県七宗町~白川町)や中山七里(同・下呂市)などの景勝地では徐行運転が行われます。また、下呂では、下りは13分間、上りは32分間停車し、物産品販売が行われる予定です。

臨時急行「ぬくもり飛騨路号」ヘッドマークのイメージ(画像:JR東海)。

 列車は全車指定席です。乗車には乗車券のほか、急行券と指定席券が必要。乗車日1か月前の午前10時から、駅にある「みどりの窓口」などで発売されます。なお、急行「ぬくもり飛騨路号」を利用した行商品も用意されます。

 JR東海は「新緑が芽生える時期の飛騨路へ、ぜひお出かけください」としています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 急行なんだ…その辺り快速にして指定席券代のみにしてツアーで利益取れるJR東日本と違う部分かな。東日本は観光臨時列車あってもツアーがほとんどで一般て乗れることは稀。

    • JR東は急行の観光列車が無く、転クロを無くしてグリーン車でボッタクリをやろうとしている。
      セントラルライナーも運用に問題があったから利用者が少なかったが、JR東は高いグリーン券に着席保証なしだからタチが悪い。
      まぁ、観光列車は急行中心に運用させた方が良いかも。
      特急程、時間が問われないし。

  2. ぬくもり飛騨路号予約しました(*^^*)
    当日まで楽しみです!