電車とバスに車両写真をラッピング 「そうにゃん」つり革も 相鉄グループ

相鉄グループ創立100周年記念事業として、相模鉄道と相鉄バスで、ラッピング車両を運行。キャラクター「そうにゃん」をイメージしたつり革も導入されます。

創立100周年記念事業で

 相鉄グループは2017年3月8日(水)、今年の12月18日(月)に創立100周年を迎えることから、記念のラッピングを施した列車バスを運行すると発表しました。

「SOTETSU 100th IMA MUKASHI TRAIN」のイメージ(画像:相模鉄道)。

 ラッピング列車の名前は「SOTETSU 100th IMA MUKASHI TRAIN」。今昔の鉄道車両(22種)を車体側面にデザインしたもので、4月上旬から1編成が、1日10往復程度運行されます。

 ラッピングバスの名前は「SOTETSU 100th IMA MUKASHI BUS」。昭和30年代のバス車両を車体左側面にデザインしたもので、3月下旬から6台が、相鉄バスの営業路線で運行されます。

「SOTETSU 100th IMA MUKASHI BUS」のイメージ(画像:相模鉄道)。

 またあわせて、相模鉄道のキャラクター「そうにゃん」をイメージした「オリジナルつり革」も製作。相鉄線では4月以降、9000系リニューアル車を除く全車両で、1両につき2本のつり革が順次設置されます。なお、3月12日(日)に披露される「四代目そうにゃんトレイン」は1両につき6本です。相鉄バスは、「SOTETSU 100th IMA MUKASHI BUS」1台につき2本が導入されます。

【了】

1 2

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. そんなラッピングする金があるなら星川駅の早期高架化やいずみ野線倉見か寒川まで延伸した方が良いと思います。
    それに鶴ヶ峰駅も高架にしないと危ないし。