京阪「プレミアムカー」8月20日サービス開始 座席指定、アテンダント乗務

京阪電鉄が、2017年8月20日から8000系で「プレミアムカー」のサービスを開始。座席指定で、車両には専属のアテンダントが乗務します。

電源コンセント、Wi-Fi完備

 京阪電鉄は2017年3月30日(木)、座席指定の特別車両「プレミアムカー」を組み入れた8000系電車を8月20日(日)から運行すると発表しました。

「プレミアムカー」の外観とアテンダントのイメージ。制服は赤と金の2色をアクセントに、京都の華やかさと特別車両の落ち着きをイメージしたという(画像:京阪電鉄)。

 全10編成において、大阪側から3両目、京都側から6両目の6号車に「プレミアムカー」を連結。毎日朝6時台(平日上りは7時台)から夜22時台まで、特急などとして昼間は1時間あたり最大上下各4本が運転されます。

8000系電車は8両編成。「プレミアムカー」はその6号車に組み入れられる(画像:京阪電鉄)。

「プレミアムカー」は40席です。オリジナルのリクライニングシートを2+1列で配置。ノートパソコンを使うときに便利な大きめのテーブル(一部の席を除く)や電源コンセント、フリーWi-Fi、空気清浄機が完備されます。大きな荷物を置けるラゲッジスペースも用意されます。

 さらに専属アテンダントが乗務。乗客の出迎えや見送り、観光案内など、きめ細かなサービスが提供されるといいます。

1 2 3

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 試みは結構なんだけど、そろそろ8000系の車歴が心配になってくる。
    8000系のルックスに見とれてなかなか気がつかないけど。
    後継車輌を考える時期になったのではないか。

  2. 先の京阪線ダイヤ改正では「洛楽」が(現行)3000系の運用に代わり、少々残念に思っていたところでしたが、全編成へのプレミアカー組込が完了後は8000系が運用復帰となるのでしょうか?
    蛇足ながら大津線系の塗色変更の件を聞き、やはり京阪電車の塗色は特急・一般共に、今でも以前の塗色の方が良かった様な気がしてならないです(あくまで私見です。個人差があるのは承知の上で…)。