JR夜行高速バス「ドリーム号」史上最上 「ドリームルリエ」デビュー その実力とは?(写真28枚)

半世紀近い歴史を持つJR(国鉄)の夜行高速バス「ドリーム号」史上、「最上のくつろぎ」を実現したという車両「ドリームルリエ」がデビュー。座席、車内、サービスはどうなっているのか、乗車して探りました。

日本初の夜行高速バス「ドリーム号」

 夜行高速バス「ドリーム号」に2017年3月31日(金)、新しい車両が登場。「ドリームルリエ(DREAM Relier)」が東京~大阪間で運行を開始しました。

 JRバスグループが中心となり運行している「ドリーム号」は1969(昭和44)年、日本初の夜行高速バスとして登場。「ドリームルリエ」は、その歴史において「最上のくつろぎ」を実現した車両といいます。はたして、どれほどの“実力”を備えているのでしょうか。

「ドリーム号」の歴史において「最上のくつろぎ」を実現したという「ドリームルリエ」(2017年3月、恵 知仁撮影)。

 車両の外観はこれまでの「プレミアムドリーム号」や「グランドリーム号」を踏襲し、高品質感を出せるよう「パールホワイト」を採用。乗客の思いや願いを「流星」にみたて、JRバスのシンボルである「ツバメ」と並んで飛んでいるイメージを表したそうです。

 ちなみに「ルリエ(Relier)」はフランス語で「結ぶ、縁をつなぐ」という意味。この新しい「ドリーム号」が都市と都市、人と人の縁を結び、快適な空間で乗客に夢を結んでもらう、という思いが込められています。運行はジェイアールバス関東と西日本ジェイアールバスです。

この記事の画像をもっと見る(28枚)

画像ギャラリー

1 2 3 4

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. ティッシュか生理用品みたいな名前だなァ

  2. いらねえな。
    新幹線でよいわ。

  3. 宿が予約しにくい事情もあるんだろうけど…
    新幹線+ホテルで考えてしまう。

  4. まあ、冷静に評価すると、プレミアムドリームのバス仕様をダブルデッカーからハイデッカーにしただけなんだけどね。