クルマのドア、「バー型」増えたワケ 利便性やデザインだけでない、その背景

使い勝手だけじゃない VWが80年間「バー型」のワケ

 国産乗用車のドアハンドルがフラップタイプからバータイプへと主流が移った一方で、フォルクスワーゲンが以前からバータイプを採用しているのはなぜでしょうか。その理由をフォルクスワーゲングループジャパンに聞きました。

Large 170410 griphandle 02
フラップタイプドアハンドルのイメージ。バータイプよりも出っ張りは少ない(画像:写真AC)。

――バータイプのドアハンドルを採用しているのはなぜでしょうか?

 ハンドルに力を加えて開けやすいので、万が一事故が起きてしまった場合、車内に閉じ込められた人を速やかに救出できるからです。ほかに、ドイツをはじめ寒い国が多いヨーロッパでは、手袋をしたまま楽にドアを開けられるという利点もあります。

※ ※ ※

 フォルクスワーゲンは、おもに安全性の観点から、1938(昭和13)年生産開始の初代「ビートル」以来ほとんどのクルマで、このバータイプを踏襲しているといいます。一方で、フラップタイプのドアハンドルはドアからの出っ張りが少ないことから「空力特性を重視した一部のスポーツカーなどで採用されている」(フォルクスワーゲングループジャパン)とのこと。日本におけるフォルクスワーゲンの現行ラインアップにはありませんが、たとえばホンダでは「NSX」や「S660」などのスポーツカーに、フラップタイプが採用されています。

【了】

テーマ特集「【自動車】意外と知らない! 明日使える自動車トリビア」へ

ホンダ ヴェゼルの中古車情報

Uz0028419596 001l

排気量
15cc~1500cc
価格帯
98.8万円~333.0万円

中古車情報を見る

ホンダ NSXの中古車情報

U00028404362 001l

排気量
3000cc~3500cc
価格帯
309.9万円~2700.0万円

中古車情報を見る

ホンダ N-BOXの中古車情報

Uz0028419701 001l

排気量
0cc~660cc
価格帯
1.0万円~248.0万円

中古車情報を見る

【秋の行楽に】飛行機予約はお得なスカイチケット!

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

11件のコメント

  1. ホンダのライフなんかはどこでも手が入るように一時期丸型のドアハンドルだったよね

  2. 記事に掛かれてある様な事も一因だとは思いますが、欧州車では無茶苦茶昔からバータイプのドアハンドルでしたよね。かなり昔(40年以上前)に事故が起きた時の外部からの救護対策対応との事を聞いた様に記憶いたしております。

    • その通り、事故などで救助の時に外からドアを開ける力が入りやすいから。昔からこの理由ですね。ライターさんは知らなかったのかな?

  3. バー型が増えたのは、女性ドライバーに配慮したからって以前何かの記事で見た覚えがある。
    昔に比べ、クルマを運転する女性が増えてきたけど、女性は男性に比べて爪を伸ばしてるいるし、付け爪してる人もいて、フラップ型だと構造上爪が邪魔になってドアが開けにくく、爪が割れたり、付け爪が剥がれたりするそうで、一方バー型だとバーの上もしくは下からどちらからでも指を差し入れてバーを握るので、爪が邪魔になりにくいから・・・らしいです。

    • ドアをボデイとロックする所(名前は忘れた)だけど、日本車はU字状なのに外車は棒状でした。これは乗り降りの時に振袖をひっかけない為の配慮だそうで、「振袖対策」だと聞きました。国情の違いだけど、日本車の使い勝手の与謝野所以でしょうか。

  4. タイトルおかしいやろ!
    ドアがバーと書いてあるので釣られた。ドアハンドルだって!間違いではなくわざとだな、あざとい。

  5. 高い位置のフラップアウターは確かに不便
    あと年数が経つと脆くなり割れやすい(特にダイハツ系)

  6. S660のドアハンドルってEGシビックのヤツに似てるけど、共通部品なのかな?

  7. 寒冷地ではドアが凍る事もあるがバー式は力を入れやすくて良い。

  8. ホンダのオデッセイの助手席側のドアを(外側から)左手で開けたら左小指の皮膚をバータイプのドアハンドルの取っ手に挟まれました。
    持ち方が悪いんだと車の持ち主には言われたけど普通に開けただけです。子供とかお年寄りとか大丈夫かなと思いました。

  9. だいぶ前に聞いた話では、事故時に救急隊がドアを開ける際にフラップタイプだと壊れやすく開けにくく、バータイプならテコの原理を使って開けやすいのだそうです。
    ちなみにアメリカでは事故した場合、ドアロックしてあると救助拒否とみなされるので、走行中のドアロックはしないのだとも聞いたことがあります。