温かい紅茶、山陽新幹線の車内販売に登場 コーヒー以外の商品も

ジェイアール西日本フードサービスネットが、山陽新幹線の車内販売で新商品「紅茶(ダージリン)」を発売。また、コーヒー以外の温かい飲み物も通年で販売します。

通年販売に温かい商品が追加

 ジェイアール西日本フードサービスネットは、2017年5月10日(水)から山陽新幹線の車内販売(新大阪~博多)で、紅茶(ダージリン)を新発売します。「すがすがしい香りと、やわらかな甘みが特徴」とのこと。価格は200円(税込)です。

170428 jrwtea 01
紅茶のイメージ(画像:JR西日本)。

 また、コーヒーに加え、次の温かい商品が通年で販売されるようになります。

・ホットコーヒー(レギュラー310円/ラージ360円)
・八女煎茶(200円)
・宇治抹茶カプチーノ(350円)
・おみそ汁(200円)
・鳥取県産紅ずわい蟹のお椀(300円)

 なお、お弁当にプラス200円で紅ずわい蟹のお椀、プラス100円でおみそ汁、八女煎茶、紅茶のいずれか1品を付けられるセット割引も行われます。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. やっとコーヒー以外をやってくれるか。
    コーヒー飲めない人多いのにね。
    東海道でも普及して欲しいね。