東京駅構内に「祈祷室」 ムスリム旅行客の増加受け、6月開設へ JR東日本

JR東日本が、東京駅構内に、同社グループで初めて祈祷(きとう)室を開設します。

宗教、宗派を問わず利用可能

 JR東日本は2017年5月9日(火)、東京駅構内に祈祷(きとう)室(Prayer Room)を開設すると発表しました。

 東南アジア諸国を中心にムスリム(イスラム教徒)の旅行者が増加しているためで、JR東日本によると、祈祷室の設置は同社グループで初といいます。

170509 jrepray 01
祈祷室の外観イメージ(画像:JR東日本)。

 6月5日(月)、東京駅丸の内北口ドームの「JR東日本訪日旅行センター」内に開設。2人程度が静かに過ごせるスペースで、体を清めるための「小浄施設」も設けられます。

 宗教、宗派を問わず、年中無休で午前8時30分から19時(土休日は17時)まで利用が可能です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170509 jrepray 02
  • Thumbnail 170509 jrepray 01

関連記事

最新記事

コメント