F-14イランでのみ現役のワケ 絶滅寸前「トムキャット」、独自改造重ね「固有種」へ?

本家アメリカをはるかにしのぐ大戦果

『トップガン』のクライマックスシーンにおいて、マーベリックは多数の敵戦闘機を撃墜する戦果をあげましたが、実際のアメリカ海軍におけるF-14の撃墜戦果は戦闘機4機とヘリコプター1機だけでした。

 かたやイラン空軍のF-14は、1980(昭和55)年から1988(昭和63)年まで続いた泥沼のイラン・イラク戦争において、イラク空軍機を159機撃墜ともいわれる大戦果を挙げ、100km遠方からまさにワンサイドゲームで攻撃してくるF-14は、イラク空軍を恐れさせました。マーベリックをはるかに上回る11機を撃墜したイラン人エースも誕生しています。

Large 170529 iranf14 03
在日米軍厚木航空基地に駐留していたF-14A。冷戦後はおもに対地攻撃機として運用されていたため、通称「ボムキャット」とも(関 賢太郎撮影)。

『トップガン』と言えばF-14であるというファンも少なくないようです。歴戦の勇者であるイラン空軍のF-14を主役として出演させてほしい、無茶だとわかっていてもそう感じざるを得ないのは筆者(関 賢太郎:航空軍事評論家)だけでしょうか。

【了】

この記事の画像をもっと見る(82枚)

Writer: 関 賢太郎(航空軍事評論家)

1981年生まれ。航空軍事記者、写真家。航空専門誌などにて活躍中であると同時に世界の航空事情を取材し、自身のウェブサイト「MASDF」(http://www.masdf.com/)でその成果を発表している。著書に『JASDF F-2』など10冊以上。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

5件のコメント

  1. もしもイラン空軍のF-14を出した場合、マーベリックのF35に撃墜されるという皮肉な展開になったりして。

  2. F-14の相手がいなくなった・・確かにそれもあるでしょうが最大の原因はハードのアップデートにコストが掛かりすぎることでしょう。また「フェニックス」は優秀なミサイルでしたが命中するまで相手を自機レーダーでロックオンしたままにしなければならず命中率は決して高くないこと、AMRAAM等の最新対空兵装の運用が出来なくなったことが原因でしょうね。
    それでもF-14は名機として今後共語られる存在でしょうし、トップガン2でもぜひ「出演」して活躍して欲しいですね。

  3. F-14は運用コストが高かったし爆撃には使いにくく多用途性が低いので、空戦性能は多少落ちるが非常に多用途性が高くまた戦闘機と攻撃機を一機種に統一することにより空母上での保守コストも抑えられるF-18に置き換えられたわけです。

    フェニックスはfire and forgetで自機レーダーロックオン続ける必要はありませんが、真空管世代で価格も高く信頼性が低いのでAMRAAMに置き換わったという事です。

  4. Morning Briefing - The news and stories that matter.
    Delivered to your inbox Monday through Friday.

  5. 海軍の「後出しジャンケン」とも呼べる過大な要求(ほとんど駄々っ子)と石油ショックによる原材料高騰で
    製造原価が納入価格を上回る「作れば作るほど赤字」状態になってしまったが
    海軍は納入価格値上げを頑なに拒否し、グラマンは倒産の危機に陥ったため
    イランに「ボッタクリ価格」で売却することで倒産を免れた