F-14イランでのみ現役のワケ 絶滅寸前「トムキャット」、独自改造重ね「固有種」へ?

なぜイランでのみF-14が現役なのか

 現在でこそアメリカ・イラン関係の改善は進んでいますが、そのイランがなぜF-14を持っているのかというと、1970年代当時、「イラン帝国」と呼ばれていたころは親米的な政策を堅持していたからです。

 1970年代、イラン空軍次期主力戦闘機の主要候補はF-14とF-15でしたが、帝国の支配者であったシャーハンシャー(「諸王の王」、すなわち「皇帝」を意味する称号)、モハンマド・レザー・パフラヴィー(パーレビ国王)自ら渡米し両機を調査、最終的にはレーダーやミサイルの性能に優れるF-14が勝者となります。

Large 170529 iranf14 02
アメリカ海軍のF-14は2006年に全機が退役。「トムキャット」は「雄猫」の意(画像:アメリカ海軍)。

 またモハンマド・レザー・パフラヴィー帝は大変な戦闘機マニアで知られており「F-14は彼の好みだったので勝者となった」という面白い俗説もあります。

 そして79機のF-14がイランに引き渡されたところで1979(昭和54)年にイラン革命が発生、帝国は崩壊しイラン共和国が成立します。同年、モハンマド・レザー・パフラヴィー帝とその家族がアメリカへ移ったことに端を発する「在イランアメリカ大使館人質事件」が発生。これにより、イランとアメリカの関係は決定的に悪化し、その結果、F-14はアメリカからの技術的なサポートが一切受けられなくなり、部品の供給もストップしてしまいます。

 困ったイランはF-14を持て余してしまいますが、のちに部品やミサイルの独自国産化や技術開発をすすめ、F-14を独自に改造・改良し自分たちのモノにすることに成功。その結果、最大の見積もりで推定40機程度のF-14が現在も生き残っているとされています。

 最近では、ISISへ爆撃に向かうためにイラン領空を通過するロシア軍爆撃機をエスコートするF-14の姿が公開されており、その健在ぶりを強く世界に印象づけました。

テーマ特集「『トップガン』の戦闘機大特集 F-14やF/A-18…徹底解説!」へ

この記事の画像をもっと見る(82枚)

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. もしもイラン空軍のF-14を出した場合、マーベリックのF35に撃墜されるという皮肉な展開になったりして。

  2. F-14の相手がいなくなった・・確かにそれもあるでしょうが最大の原因はハードのアップデートにコストが掛かりすぎることでしょう。また「フェニックス」は優秀なミサイルでしたが命中するまで相手を自機レーダーでロックオンしたままにしなければならず命中率は決して高くないこと、AMRAAM等の最新対空兵装の運用が出来なくなったことが原因でしょうね。
    それでもF-14は名機として今後共語られる存在でしょうし、トップガン2でもぜひ「出演」して活躍して欲しいですね。

  3. F-14は運用コストが高かったし爆撃には使いにくく多用途性が低いので、空戦性能は多少落ちるが非常に多用途性が高くまた戦闘機と攻撃機を一機種に統一することにより空母上での保守コストも抑えられるF-18に置き換えられたわけです。

    フェニックスはfire and forgetで自機レーダーロックオン続ける必要はありませんが、真空管世代で価格も高く信頼性が低いのでAMRAAMに置き換わったという事です。

  4. Morning Briefing - The news and stories that matter.
    Delivered to your inbox Monday through Friday.

  5. 海軍の「後出しジャンケン」とも呼べる過大な要求(ほとんど駄々っ子)と石油ショックによる原材料高騰で
    製造原価が納入価格を上回る「作れば作るほど赤字」状態になってしまったが
    海軍は納入価格値上げを頑なに拒否し、グラマンは倒産の危機に陥ったため
    イランに「ボッタクリ価格」で売却することで倒産を免れた

  6. 1979年のイラン革命のドサクサに紛れて、F-14のFCSやフェニックスAAMが旧ソ連に持ち出されて、軍事技術情報が大量に流出しました。
    しかし、すでに退潮傾向(12年後にはソ連崩壊)であった旧ソ連にとって、これらの技術情報は持て余し気味で、コピー生産すらままならないほどでした。
    そんな中で、あるイランの友好国がF-14の軍事技術情報を入手して自国の軍事技術に活用したと言われています。特にフェニックスAAMの技術は、その国が後に開発した国産ミサイルの性能を飛躍的に向上させるとともに、フェニックスAAMの特性が引き継がれています。また、その友好国は、イランが保有するF-4ファントム戦闘機を大量に保有し、ライセンス生産もしており、F-4の中古(廃棄)部品とのバーター取引とのウワサもあります。
    その国は、ズバリ、日本です。
    現在も日本とイランは友好関係にあると同時に、対立するイランと米国の非公式な対話窓口であることは国際政治の世界では公然の秘密です。
    事実、トランプ前大統領が訪日した直後に、某総理大臣はイランを訪問しています。
    世界で唯一の稼働F-14戦闘機と日本の知られざる闇歴史です。