小学館『まどあけずかん のりもの 英語つき』発売 「まど」で乗りものを楽しく学習

『小学館の図鑑NEO』から幼年向けに派生した新シリーズとして、『まどあけずかん のりもの 英語つき』が登場。類書中で最大級という約110の「まど」、英語表記つきなどがポイントで、楽しみながら「乗りもの」を学べるといいます。

類書中最大級というおよそ110か所の窓で

 小学館が2017年4月、『まどあけずかん のりもの 英語つき』を発売しました。『小学館の図鑑NEO』から幼年向けに派生した新シリーズの1冊で、全ページに「まど」が存在。指でめくってあそべる「まどあけずかん」になっているのが特徴です。

170626 norimono 01
『小学館の図鑑NEO』新シリーズの1冊『まどあけずかん のりもの 英語つき』(画像:小学館)。

「まど」をあけると、乗りものに関するさまざまな仕組み、秘密などが現れ、楽しみながら乗りものについて学べるといいます。「まど」の数は類書中で最大クラスの約110か所。英語表記がついていることも、類書にないポイントとのこと。

 内容は「ひこうきの なかはどう なって いるかな?」「しんかんせんの ひみつ!」「はたらくくるまの うごきを みてみよう」「うみで はたらく ふねの うごき」といったもので、AB判32ページ。価格は1700円(税抜)です。「のりもの」のほか「たべもの」「いきもの」も同時に発売されています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. あぁ、そういうことなんですね
    窓が開く車両を集めた図鑑かと思ってしまいました・・・