「スカイツリーライナー」「TJライナー」のポイントアップ 東武が時差通勤促進キャンペーン

東武鉄道が、時差通勤促進を目的とした「快適通勤ムーブメント “時差Biz”応援キャンペーン」を、7月11日(火)から8月10日(木)まで実施します

通常3%が、期間中は30%相当に

 東武鉄道は2017年6月28日(水)、「快適通勤ムーブメント “時差Biz”応援キャンペーン」を7月11日(火)から8月10日(木)まで実施すると発表しました。

 東京都が7月に展開する「快適通勤ムーブメント “時差Biz”」に合わせて実施。期間中、「チケットレスサービス」で平日朝の特急「スカイツリーライナー」特急券や「TJライナー」着席整理券を「東武カード」で決済・購入した人に対し、通常3%の「乗得ポイント」(東武グループポイント)を10倍の30%相当にアップさせて付与するというものです。

東武東上線で運行されている「TJライナー」車両のイメージ(画像:東武鉄道)。

 対象列車は、春日部~浅草間の「スカイツリーライナー2号」「同4号」と、森林公園~池袋間の「TJライナー2号」「同4号」の4本。平日のみで、土休日は除きます。

 たとえば春日部から浅草まで「スカイツリーライナー」を利用する場合(特急料金510円)、通常は15ポイントですが、キャンペーンでは152ポイントが付与されます。

 東武鉄道は「今回のお得なキャンペーンにより、便利で快適な特急列車等をご利用いただくことで、お客さまの快適な通勤を応援してまいります」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

1 2

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 時差通勤に分散乗車?特急に散れってかよ?中には属性で排除するのを1両増結するならまだしも1両削って乗せないくせに何が時差に分散だかよ、これじゃ散々混ませてライナーやグリーンに誘導する会社と同じだろうに、