全国32の地方空港で着陸料軽減 「訪日誘客支援空港」認定で国が支援

国土交通省が、全国32の地方空港を「訪日誘客支援空港」に認定。訪日客を増やすため、着陸料の軽減や新規就航の経費支援などの支援が行われます。

地方空港の訪日外国人受け入れ割合は5%

 国土交通省は2017年7月4日(火)、訪日客を増やすため、国際線の新規就航や増便などを後押しする全国32の地方空港を「訪日誘客支援空港」として認定したと発表しました。

 対象となるのは以下の空港です。

●拡大支援型(24空港)
 訪日誘客に一定の実績を上げており、さらに拡大に向けた計画と体制を有している空港。
・稚内、釧路、函館、女満別、帯広、旭川、青森、仙台、茨城、新潟、静岡、小松(石川県)、南紀白浜(和歌山県)、岡山、広島、山口宇部、米子(鳥取県)、高松、徳島、松山、北九州、佐賀、熊本、鹿児島
●継続支援型(6空港)
 訪日誘客に一定の実績を上げており、かつ、着実な計画と体制を有している空港。
・花巻(岩手県)、福島、長崎、大分、宮崎、那覇
●育成支援型(2空港)
 訪日誘客に高い意欲を持ち、国の支援で訪日客の増加が期待される空港
・松本(長野県)、下地島(沖縄県)

170705 kukoyukyaku 01
地方空港の訪日外国人者数は増加傾向にある(画像:国土交通省)。

 法務省の2016年統計によると、訪日外国人の受け入れは成田・関西・羽田の3空港をあわせて72%ほどですが、一方で地方空港は全体で5%です。

 国土交通省は訪日外国人旅行者数を2020年に4000万人、2030年に6000万人に増やす目標を掲げており、この達成に向けては、「地方への誘客促進が大変重要」としています。

 全国32の地方空港を「訪日誘客支援空港」とすることで、今後最大3年間にわたり、国際線着陸料の割引や補助、新規就航の経費支援など、国による支援が行われます。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170705 kukoyukyaku 02
  • Thumbnail 170705 kukoyukyaku 01

関連記事

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. まだこんなこと言ってんのか?要らない空港だってあるだろ?他人の森林まで伐採させてよ、強行ってのは何処かの受信料と同じで無用な罪人作っちまうのよ、日本の観光地に日本人が少ないのも問題だろうに?油が安くなりゃ外国では大型車が売れて日本車なんてソッポだろうし?そうすりゃ住宅じゃなくて車のローンでも焦げ付いたらどうすんのか?有り得ん話でもないでしょうに?

    • そもそも災害大国に観光は無用。ついでに空港とは直接は関係ないが災害時に無駄な犠牲者と災害廃棄物しか産まない高層ビルも無用。むしろ被災者収容や救援物資受け入れのための広域空地が必要。

    • 倒壊で圧死した人、その原因を復元して復興じゃないよね?耐震どうのじゃなく復元を復興とか言ってるから生存しても孤独死が後を絶たなかったからね、海外需要も見誤ると人災になるね

  2. 南紀白浜空港って2nd Floorさんの地元でしたよね確か……。海外とはチャーター機が数回往復したことがある程度の空港が選定されるってなんかの冗談ですよね?

    • 歴代の大臣で村長の意見が村民の意見と言ったメーター振りきったような発言したトンチンカンがホームラン王なら、こりゃ三冠王だな

  3. 滑走路を伸ばすだの増やすだの言う話はコスパ的に賛成しがたいが、既存空港の現有設備の活用ということなら良いんでないかな。鉄道で賄える範囲の国内需要は鉄道に任せて、航空にしか出来ない海外需要に力入れた方がいいよ。
    大都市圏の国際空港は混んでるし、そこから国内各地に移動するにも限界があるから、現地に直接降りてもらえば一石二鳥。国内客は新幹線という選択肢があるから空路はあまり人気無いが、海外客はどっちにしろ飛ぶんだから、直接降りてくれる便があれば歓迎だろう。