加速世界一! 富士急ハイランド「ド・ドドンパ」、世界最大級ループは安全のため?

営業を休止していた富士急ハイランドのジェットコースター「ドドンパ」がパワーアップし「ド・ドドンパ」として7月15日(土)に復活。「未知のスピード体験」ができるといいます。

「スピード」「加速力」「ループ直径」で日本一

 2016年10月から営業を休止していた富士急ハイランドのジェットコースター「ドドンパ」が、「ド・ドドンパ」として2017年7月15日(土)にリニューアルオープンします。

170706 dododompa 01
観覧車の左が「ド・ドドンパ」のループ。直径39.7mは世界最大級とか(画像:富士急行)。

「ドドンパ」は2001(平成13)年12月に登場。スタートからわずか1.8秒で最高速度172km/hに到達するというその加速力は、現在でも世界一だそうです。しかし、「『もっと速さを極めたい』という想いから」、コースを変更することになったといいます。

 これまでは、発射してすぐに最高速度に達したのち、途中にある高さ52mの「垂直タワー」を上昇し、そこからさらに落下するというコースでした。ところが、さらなる高速化に際し「垂直タワー」では発射時の爆発的な加速力を受け止めきれないことから、直径39.7mという「世界最大級のループ」で受け止める形に変更。その結果、スタートから「1.56秒で180km/h」までスピードを向上し、国内においては日本一のスピード、日本一の加速力、日本一のループ(直径)という、「3つの日本一」を備えたといいます。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170706 dododompa 02
  • Thumbnail 170706 dododompa 01

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 見てるだけで酔いそうだ、昔八王子にホンダ資本だか?多摩テックと言う自分で運転する乗り物主体の遊園地があったが、ここのコースターは先頭車に運転手とエンジン、ハンドルが無いだけで構造はマニュアル車、1速ギヤでクラッチミートして急勾配を上がり頂上から運転手がエンジン全快で勾配を下る全く惰性無視の超危険なコースター!因みに当時のシビックくらいのエンジン、記事のループコースターもスリル満点だろうがシビックコースターで勾配を加速する様は恐怖だったよ、

  2. 裏富士と逆さ富士か!

  3. 読み違えて
    180km/hで直径40mのループに突っ込む!?おいおい
    とびっくりしたけどその前にカーブなどで速度落とすんですね。
    安全な範囲で最高スリルを目指す設計の見せ所ですね。

    昔は大好きだったけど年取るとあかん。子供に任せます・・・汗