大型トラック「緑の3連ランプ」の意味 キャビンの上のアレ、消えた理由は道路事情?

かつて大型トラックのキャビン上には、みっつ連なった緑のランプが光っていました。見かけなくなって久しいですが、あのランプにはどのような意味があったのでしょうか。

消えたキャビンの上のアレ

 大型トラックにはかつて、緑色のみっつのランプの装備が義務付けられていました。場所は運転席があるキャビンの上で、みっつが横一列に並んでおり、ひとつ光るときもあれば、ふたつ、みっつと光るときもありました。

 あのランプは何を意味していたのでしょうか。国土交通省 自動車技術政策課に聞きました。

――大型トラックのキャビンの上にあった、緑色のみっつ連なったランプには、どのような意味があったのでしょうか?

 前方から走ってくる大型トラックのスピードを周囲のクルマに知らせ、安全性の注意喚起を行っていました。

――どのようなタイミングで点灯するのでしょうか?

 対向車側から見て、右側のランプ、左側のランプ、中間のランプの順で点灯します。ひとつ点灯すると40km/h未満の速度、ふたつで40km/h以上60km/h未満の速度、みっつで60km/h以上を意味しています。

速度表示装置の付いた大型トラック「スーパーグレート 2000」(画像:三菱ふそうトラック・バス)。

――なんという名前でしょうか?

 正式名称は「速度表示装置」といいますが、「速度表示灯」と呼ぶこともあります。

――いつごろから装備されていたのでしょうか?

 道路運送車両法で点灯義務が規定されたのは、1967(昭和42)年です。大型トラックのみが対象となりました。

――なぜ大型トラックのみなのでしょうか?

 点灯義務が規定された1967年当時の、大型トラックによる接触事故の状況を考慮したためだと考えられます。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

1 2 3 4

関連記事

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. 確か?発車すると一つ目、60から二つ目?90以上で三つ目だったかなー?因みにスピードメーターでも緑の小型の三連がこれに順じて付いていてドライバーも確認できるのだが、実は球切れ警告などの断線回路の役は成さずメーターで切れても車外では点灯していたり又はその逆もある、今は中型になった昔の普通免許の総重8トン以上の車に設定されていて、言わゆる増トン車と言われる見た目は総重8トン瓜二つの車にも装備されてたがこれが実に不格好!また検査ように停止中にても三つ全てを点灯させるスイッチもある、だから菅原文太の一番星も行灯に隠れて目立たないが付いてますよ、因みにこの知識は丁度この記事で触れている速度抑制装置と言う型式による電気式と機械式による仕組みの違いの後付けの取り付け整備要領の講習で得たものですが、あの三連灯当初の抑制義務の無かったころの大型車の事故は凄まじいものでした、ただ速度抑制でタイヤの許容限度幅が広がるなど悪いことばかりではなかったそうです

  2. うーむ、ある程度外部からも速度がわかった方が安全なような気もしますけど。それにスピードリミッタが必ずしも作動するとは限らないし。

    • 問題はそこ!機械的に作動しない場合に加えて意図的に解除してしまうこと、トラックもバスは基本は同じエンジンだし更にはバスに緊急自動車の消防!当たり前だけど抑制装置は無い、加えてコンクリート圧送車など一部積載面積の無い特殊用途もこの類い、如何に抑制装置を外すことは違法とは言えど実際に外す要領を得られれば性能限界まで出せる現実もあるし、現に走ってる!だから貴方の仰る周囲に察知させる材料をインフラ整備にかけて外す理由にはなりにくいと思いますよ、

  3. 速度表示灯は効果大だから付いてた方が良いという方は、まず自分の乗用車にも付けましょう。((笑)) 歩行者から見れば、乗用車もトラックもどっちも怖い。周囲の運転者、速度の見当がつかなければ免許取ってはいけない。

    ところで90km/hのリミッター、設定低すぎないか? 普通/小型乗用車は100km/h規制で180リミット、軽は80km/hで140km/hだったはず。100~110km/hくらいがいいとこじゃない?
    車重があるからという事なのだろうが、他の車両と合わず、高速道路の流れを阻害する。(片側2車線高速でのトラック同士の追い越しとか) それが渋滞の元になったり、さらには事故の遠因になってたりしそう。

    リミッターカットを危惧して余裕馬力を削るべきという方、それで登り勾配で例えば50km/h出なくなったりされると、上記同様に危険があることはわかりますか?

    • 貴方のように先回りして物事想定した対策ならそれもありだが、現実はそうじゃない、新名神で大型貨物に衝突した高速バスの事故も抑制装置の有無の因果関係が無いとは言えないが、ありゃ明らかな前方不注意!前の車が遅いからカマほった!では人をはねて、そこに人が居たから?!になってしまうし、1つ例をあげればトラックの速度抑制は機械的に制御してるわけだが、街中を走る一般に路線バスと言われる運行のバスは利用客が立って乗ることから高速道路の利用は制限されて認められる速度も60まで、お分かりかと思うが?これらのバスには一切機械的な抑制装置設置の義務は無く、単なる車検証などの書面での記載の確認だけにすぎず、実際は性能の差もあるが各々性能限界までスピードを出せてしまう現実があるわけ、速度抑制装置と各々ドライバーの心は量りにはかけられないが?双方万全ではないと言うこと、立って乗るから60まで、私はこれなら車内人身事故のリスクを考えたら、それこそバスを機械的な抑制にしてもいいと考えるし、トラックの抑制を100程度にして、加えて念書や車検証の但し書きで重ねてドライバーの有事の罰則を強化することも現実の道路状況から検討や実験はすべきだとは思うが、ご存知のようにドライバー不足の現実と原因から目を背けて、今日から明日へと簡単にいくわけもないモーダルシフトを今頃唱える連中は結果何もしないだろうね