大型トラック「緑の3連ランプ」の意味 キャビンの上のアレ、消えた理由は道路事情?

トラックメーカー、全車から取り外し済み

 速度表示装置の装備義務がなくなったことで、トラックのメーカーはどのような対応をとったのでしょうか。また、どのような影響があったのでしょうか。

 日野自動車(日野市日野台)は、「クルマのモデルごとにずれはありましたが、2001年には全車から取り外されました」と話します。いすゞ自動車(品川区南大井)も、「(2001年の)廃止以降、取り外した」といいます。その影響については、両社ともに「明確な影響があったという認識はない」としています。速度表示装置の役割は、すでに終わっていたようです。

 なお、速度表示装置の装備義務がなくなったのとほぼ時を同じくして、大型トラックには90km/hで動作するスピードリミッターの装備が義務付けられました。

 これについて、国土交通省 自動車局 技術政策課は「大型トラックとの接触事故を想定した『速度表示装置』に対し、『スピードリミッター』は高速道路での事故を想定したもの」としています。

 道路インフラの整備にともない、求められる安全対策も変わったことの一例といえるでしょう。

【了】

テーマ特集「【トリビア】なぜその色? 乗りものの色、どんな意味がある?」へ

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170710 trucklamp 02
  • Thumbnail 170710 trucklamp 01

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. うーむ、ある程度外部からも速度がわかった方が安全なような気もしますけど。それにスピードリミッタが必ずしも作動するとは限らないし。

    • 問題はそこ!機械的に作動しない場合に加えて意図的に解除してしまうこと、トラックもバスは基本は同じエンジンだし更にはバスに緊急自動車の消防!当たり前だけど抑制装置は無い、加えてコンクリート圧送車など一部積載面積の無い特殊用途もこの類い、如何に抑制装置を外すことは違法とは言えど実際に外す要領を得られれば性能限界まで出せる現実もあるし、現に走ってる!だから貴方の仰る周囲に察知させる材料をインフラ整備にかけて外す理由にはなりにくいと思いますよ、

  2. lリミッター同士の高速バトルをなんとかしてくれ。

  3. 都会の人にはわからないでしょうけど,本当に真っ暗な田舎の山道を使う身としては,正面からくる車が大型車だと瞬時にわかる速度表示灯は意味があったと思うんですけどねえ。
    大型運転手同士でも,狭小トンネルや狭い橋の行き違いでは相手が大型とわかれば避けられるので重宝していたと聞きます。

  4. 次は、大型車自体がこの世からなくなるべきだろ。