京王電鉄16年ぶり新車5000系登場 有料着席列車運転へ 座席は3変化(写真30枚)

京王電鉄が有料着席列車運行に向け、16年ぶりの新車を導入。首都圏私鉄でそうした列車が増えるなか、“名車”5000系の名を受けついだその車両には、京王の新しい時代を担うべく、これまでになかったさまざまな能力が与えられました。

京王の歴史になかった外観デザインと「5000」の意味

 京王電鉄が16年ぶりに投入する新型車両5000系が2017年7月19日(水)、報道陣へ公開されました。

 同社は2018年春から、通勤利用などを想定した有料の座席指定列車を初めて運行する予定で、この5000系はそれに向けて製造された車両。京王電鉄の新しい時代を担うべく、さまざまな新しい特徴を持っているのがポイントです。

170719 keio5000 01
京王電鉄の新型車両5000系。有料の座席指定列車などに使われる(2017年7月19日、恵 知仁撮影)。

 この新型車両が持つ「5000系」という車両形式は、1963(昭和38)年に登場し鉄道友の会から「ローレル賞」が贈られるなど、京王電鉄を代表する“名車”ともいわれる初代5000系の名を受け継ぐもの。首都圏の各私鉄で着席需要の取り込み、沿線価値の向上を目指し、有料の座席指定列車が増えるなか、このたび多数の「新しさ」「京王初」を携えて登場する新型車両5000系にかける京王電鉄の意気込みが、その「5000」にもうかがえます。

 まず外観について、新型車両の5000系は先頭車両の長さが従来より500mm延長され、これまでの京王車両にはなかった流線形風のシャープな先頭形状に。既存車両との違いが明確化された、新しい時代の到来を想起するものになっています。

170719 keio5000 02 170719 keio5000 03 170719 keio5000 04
京王電鉄の初代5000系電車。写真は一畑電車に譲渡された車両(画像:photolibrary)。
シャープな先頭部分に合わせられた前照灯の形状。
新型車両5000系の運転台。

 スカート(車両前面の下部にある、線路上の障害物を車輪部分へ巻き込むのを防止するもの)も、そうしたやや流線形をした車体に合う丸みを帯びた立体的な形状で、京王電鉄のコーポレートカラーである鮮やかな「京王レッド」が目を引きます。前照灯も、シャープな先頭部分に合わせた形状にされました。正面のカラーリングに用いられている「黒」は、スマートな列車を表現しているそうです。

 前照灯にはLED、行先表示器には視認性の高いフルカラーLEDを採用。また車体には、ステンレス板をレーザー溶接でつなぎ合わせる総合車両製作所の軽量化構造ステンレス車両「sustina(サスティナ)」が使われており、従来のステンレス車両で見られた「つぎはぎ感」を解消、滑らかに美しく仕上げるとともに、車体の強度も向上させたといいます。

この記事の画像をもっと見る(30枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail r4a2840
  • Thumbnail r4a2866
  • Thumbnail r4a2891
  • Thumbnail r4a2897
  • Thumbnail r4a2924
  • Thumbnail r4a2930
  • Thumbnail r4a2987
  • Thumbnail r4a3009
  • Thumbnail r4a3042
  • Thumbnail r4a3054
  • Thumbnail r4a3109
  • Thumbnail r4a3123
  • Thumbnail r4a3126
  • Thumbnail r4a3142
  • Thumbnail 170719 keio5000 01
  • Thumbnail 170719 keio5000 02
  • Thumbnail 170719 keio5000 03
  • Thumbnail 170719 keio5000 04
  • Thumbnail 170719 keio5000 05
  • Thumbnail 170719 keio5000 06
  • Thumbnail 170719 keio5000 07
  • Thumbnail 170719 keio5000 08
  • Thumbnail 170719 keio5000 09
  • Thumbnail 170719 keio5000 10
  • Thumbnail 170719 keio5000 11
  • Thumbnail 170719 keio5000 12
  • Thumbnail 170719 keio5000 13
  • Thumbnail 170719 keio5000 14
  • Thumbnail 170719 keio5000 15
  • Thumbnail 170719 keio5000 16

関連記事

最新記事

コメント

13件のコメント

  1. 増結は考慮外か。都営新宿線乗り入れは対象外かな?以前トイレがないなんてコメントあったけれど、そもそもトイレがなければダメな距離?それと種別は?公募するの?それとも種別再編するの?ついでに整備する人や事故や故障の際の修理の事本当に考えてるの?京急600系の二の舞にならない保証あるの?

  2. まとまっているデザインだが、どことなく既視感が・・・。

  3. 設備内容は全然、斬新ではない。
    あくまで京王発であって西武40000系みたいにトイレ設備がなく、京急や東武などがとっくにやっていたものにしか過ぎない。
    京急や東上線みたいに無料特急などに運行するなら問題ないが多分しないだろうと思う。
    高架も遅れそうだし、京王線は他線への流出が止まらないだろうな。

    • おや?京急Wing号と東武東上線TJライナーって無料でしたっけ?少なくとも乗車整理券は必要だったような気が。気のせいですか?

    • まるめぐぷうさん
      京急も東武も着席整理券を取るけど、どちらも下りは途中駅からは運賃だけだし、TJライナーから折り返す夕方池袋方面の快速急行は無料の転クロで運行されている。京急の日中快特は無料だし。
      まぁ、京王は無料転クロは到底無理だね。
      小田急や東急東横線なら可能だけど。

    • すみません。不勉強でした。

  4. 京王ATCは京三製作所製なのに日立製ATC車上装置を搭載しているのが疑問だが、都営新宿線のATCが日立製ということと重ね合わせると、30番台という車号が示すとおり都営新宿線への乗り入れも視野に入れている可能性は高くなった。続報を待ちたい。

    • 日立絡みで脱線するけど、今回実車の外観をパッと見て“おや、A-trainで拵えたのかい?”と思ってしまった。
      東武や西武の例もあったし、先入観が働いてしまったのかも。

  5. ボックスに出来るのは意外だった。しかし、ボックスは家族連れだからこそ光るものだと思うので、高尾山へ有料特急を走らせるのも視野に入れてるんですかね?

    • ボックスにできるのはいいが・・・未成年者がふざけて扱って壊したらどうするんだろう。まさか復路は修理不能で運休?予約した座席キャンセル?嫌だなぁ。

  6. 中央快速線にもグリーン車の導入が計画されていますし、有料着席サービスは広がりを見せていますね。

  7. この電車ATCは京王と東京都用の両方搭載で乗入車。
    土休日は本八幡始発の高尾山口行き特急とかもありあそう。

    取り敢えず5本投入!1本予備の4本使用で、京八と橋本にそれぞれ夕方以降走らせるとして、新宿基準で40分に1本入れられるかな(距離は両方とも、新宿からほぼ38㎞)?
    東武池袋みたいに降車ホームは使えないし、新宿に長い時間止まれないし(橋本は長時間止まってるから、できなくもないか)、昔の小田急やJRホームライナーみたいに乗車扉限定で乗車扱い、端末持った車掌が未発売座席に着席している乗客から料金徴収とか、いろいろハードルありそう。

    停車駅は、明大前・調布は通過?最初の停車駅は高幡不動か多摩センター(ほぼ新宿から同距離)では遠すぎ?考えるとキリがない。