核ミサイル、迎撃したらどうなる? 過去事例から考えられる実際のところとは

弾道ミサイルや核実験という単語が身近になった昨今ですが、いざ核ミサイルが飛んできたとき、迎撃することによりなにが起きるのでしょうか。過去の事例から実際のところを推測します。

核ミサイルを迎撃すると…?

 2017年9月3日(日)、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)は6度目となる核実験を実施しました。爆発規模は長崎型原爆の10倍以上に相当する250キロトンに達するとみられ、北朝鮮は威力の高い「水爆」の実験に成功したと見られます。

 また核実験の前後には、2度にわたって「火星12型」と称する弾道ミサイルの発射を実施。同ミサイルは日本本土上の宇宙空間を飛翔し、これを受け日本政府は「Jアラート(全国瞬時警報システム)」を鳴動させるなどの対応に追われました。北朝鮮情勢は、これまでにない緊迫した事態となっています。

170921 bmd 01
航空自衛隊の地対空誘導弾ペトリオット(PAC-3)。写真はイメージ(画像:航空自衛隊)。

 2度の火星12型発射は日本本土を大きく飛び越える弾道であったため、迎撃は行われませんでしたが、今後の弾道ミサイル発射において日本に着弾するコースであれば「弾道ミサイル等に対する破壊措置命令」にしたがって迎撃が行われることになります。

 もしもこのとき、ミサイルに核弾頭が搭載されていたならばどうなるのでしょうか。核弾頭を迎撃したことによる核爆発の危険性は無いのでしょうか。

 結論から言えばその心配は無用です。現在日本が保有する迎撃ミサイルSM-3およびPAC-3は衝突エネルギーによって対象を破壊しますが、この衝撃によって核弾頭が起爆する確率はほぼゼロに等しいからです。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170921 bmd 03
  • Thumbnail 170921 bmd 01
  • Thumbnail 170921 bmd 02

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 試験の命中率が実戦で反映されると期待しない方が良い。また、放射性廃棄物弾頭による攻撃の場合、逆効果になりかねない。

  2. アニメでヒーローがミサイルに飛んで追い付いて乗り込んで器機を操作して方向を変えて危機を脱するなんての見たが、さすがに乗り物とは思えないのだが、最近の状勢から仕方のない記事なのかも?

    • 巡航ミサイルなら有り得るけど弾道ミサイルって進行方向を変えたりできるんだろうか、

  3. 弾頭そのものに超高速、超高温でも耐えられる誘導装置と操縦機能を組み込めば、終末精密誘導は可能なんでしょうが(例、パーシング2、旧ソ連の潜水艦発射対艦弾道ミサイル、など)、外部からの操縦となると・・・厳しいな。まだ直接壊した方が楽。