フレアってなに? 軍用機がばらまく光るアレ 誘導ミサイルとの壮絶な戦いの歴史とは

【写真】アフガニスタン上空、フレアを射出するF-15E

Large 171020 flare 03
フレアを射出するアメリカ空軍のF-15E「ストライク・イーグル」。写真の2008年当時、アメリカはアフガニスタンにて「不朽の自由作戦」を遂行中(画像:アメリカ空軍)。

この画像の記事を読む

この記事の画像をもっと見る(3枚)

Writer: 関 賢太郎(航空軍事評論家)

1981年生まれ。航空軍事記者、写真家。航空専門誌などにて活躍中であると同時に世界の航空事情を取材し、自身のウェブサイト「MASDF」(http://www.masdf.com/)でその成果を発表している。著書に『JASDF F-2』など10冊以上。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. いくら危険性が低いとはいえ、市街地で気安く使う代物ではないのでは?

  2. そもそも市街地の上空でフレアぶちまける方が変な気がするが。なんか記事自体の趣旨が変なような気がする。ちなみにフレアーは艦艇にも使用されています。これも対艦艇ミサイル対策です。さすがに戦車ではほとんど意味がないため(戦車の場合は煙幕)、つかわれていませんが。ちなみに、事故や遭難時に使う発煙筒や道路工事などで使う発炎筒(無煙のもの。高速道路の車線規制で煙出したら事故続発)もフレアーといいます。