東京モーターショー2017 渦中の日産ブース、副社長が登壇 ここから描く未来図は?

「東京モーターショー2017」、様々な意味で注目が集まる日産のプレスカンファレンスおよびブースの様子は、どのようなものでしょうか。

謝罪で始まった日産のプレスカンファレンス

 深々と折れた腰。きっちりと伸ばされた指先は行儀よく、体の側面に添わされています。陳謝に十分みあう、見事なまでの日本式のお辞儀でした。

171027 nissan 01
「東京モーターショー2017」日産ブースの檀上で、不正検査問題を陳謝する日産自動車副社長ダニエレ・スキラッチ氏(2017年10月25日、川村和弘撮影)。

 檀上のその姿は日産自動車の副社長であるダニエレ・スキラッチ氏。グローバルマーケティング&セールス、EV本部、日本・アジア・オセアニア事業担当者です。2017年10月25日(水)、「東京モーターショー」における日産のプレスカンファレンスは、まさに取り沙汰されているさなかの不正検査問題に対する謝罪で始まりました。

 その後は、悪い雰囲気を吹き飛ばすような、軽快なテンポでスピーチが展開されます。アピールするのは「インテリジェントモビリティ」。それは日産が掲げる、未来の自動車のビジョンです。

171027 nissan 02
世界初公開、「ニッサンIMx」(2017年10月25日、石津祐介撮影)。

 具体的には「インテリジェントパワー」「インテリジェントドライビング」「インテリジェントインテグレーション」の3つを備えたモビリティ。「インテリジェントパワー」はEVやハイブリッドなどの電動化を示します。「インテリジェントドライビング」は自動運転や運転の楽しさ。「インテリジェントインテグレーション」は、クルマとネットの接続や「V2H(クルマと家との接続)」などのコネクテッド技術です。この3つを備えた未来のクルマを形にしたのが、今回の「東京モーターショー」で発表されたコンセプトカー「ニッサンIMx(アイエムエックス)」です。

テーマ特集「【東京モーターショー2017】メーカー各社、注目の出展内容は?」へ

Logo厳選在庫常時400,000台以上!中古車情報を見る

この記事の画像をもっと見る(9枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171027 nissan 09
  • Thumbnail 171027 nissan 01
  • Thumbnail 171027 nissan 02
  • Thumbnail 171027 nissan 03
  • Thumbnail 171027 nissan 04
  • Thumbnail 171027 nissan 05
  • Thumbnail 171027 nissan 06
  • Thumbnail 171027 nissan 07
  • Thumbnail 171027 nissan 08

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 謝罪のお辞儀が物凄くじょうずになったひと、、、、、、、    というのは良いことなんだか悪いことなんだか

  2. コレがトヨタだったら総じてスルーだったんだろうな…
    数年前のリコール騒ぎがマスコミは取り上げはするけれど「大騒ぎしないでね」雰囲気出してたものなぁ~
    日産が今回標的に成ったけど朝日系が日本企業と言う事で袋だたき報道しているけれど、元々車検は通る状態だし
    日産社内の基準にも合格している製品で「無資格者が検査した」と言う事だよね。私からすれば別に問題ないのだが…監視対象期間無制限とか罰則対象決めたみたいだけど、コレってメーカーを信頼していて一任いていたのに我々の面目を潰されたと言うメンツだけだよね?
    コレはヤバい!と言う事で、スバルでも無資格者検査やってたのが発覚したけど、コレ実際は何処でもやってた…て事ありうるよね。

  3. 有資格者が診てない現実も含めたら業界は遠の昔から手遅れ