『A列車で行こう9』を旅する 熊本編:お城と路面電車と観光列車と新幹線と!

鉄道会社経営シミュレーションゲーム『A列車で行こう9』で、日本の鉄道風景を再現します。今回は熊本編。新幹線や観光列車が駅を発着し、お城がそびえる街を路面電車が走ります。

鉄道の見どころいっぱいの熊本

 鉄道会社経営シミュレーションゲーム『A列車で行こうExp.(エクスプレス)』の発表に刺激され、Windows版の『A列車で行こう9』を遊び始めた筆者(杉山淳一:鉄道ライター)。前回の鎌倉編では、海や江ノ電などを再現しました。もう少し作り込みたい気もしますが、次の街を旅します。今回は熊本。筆者が感動した「あの風景」を再現したいのです……。

171110 a9kikou02 01
『A列車で行こう9』で街を再現して旅をする「A列車紀行」。第2回は熊本。

 ゲーム『A列車で行こう』シリーズのA列車の意味は、シリーズ1作目の線路工事用機関車が「A」という記号で示されたから。その1作目のプロデューサーによると、メーカー名の「アートディンク(ARTDINK)」や、ジャズの名曲を意識したわけでもなかったそうで。開発中もずっと工事用機関車を「A列車」と呼んでいて、そのままゲームタイトルになったそうです。

 楽曲のほうの『A列車で行こう』の「A」は、ニューヨーク地下鉄の「A系統」に由来しています。曲の解釈はいろいろありますが、「ジャズを聴くならA列車でマンハッタンのハーレムへ行こう」「ハーレムで成功したらシュガーヒルへ行こう」という意味です。ゲームのほうの『A列車で行こう』1作目は大陸横断の線路を敷くのが目的でした。なるほど、イメージと違いますね。

171110 a9kikou02 02
『A列車で行こう9』のマップコンストラクション機能で熊本を再現。

 そして日本にはもうひとつ「A列車」があります。JR九州の観光列車「A列車で行こう」です。「大人の旅を演出」という意味が込められ、ジャズとお酒がテーマの列車です。車内にはバーカウンターがあり、ハイボールサーバーを備えています。乗車中はずっとジャズが流れています。A列車の「A」は、三角線で行く天草(Amakusa)方面のA、大人(Adult)のAです。

この記事の画像をもっと見る(11枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171110 a9kikou02 11
  • Thumbnail 171110 a9kikou02 01
  • Thumbnail 171110 a9kikou02 02
  • Thumbnail 171110 a9kikou02 03
  • Thumbnail 171110 a9kikou02 04
  • Thumbnail 171110 a9kikou02 05
  • Thumbnail 171110 a9kikou02 06
  • Thumbnail 171110 a9kikou02 07
  • Thumbnail 171110 a9kikou02 08
  • Thumbnail 171110 a9kikou02 09
  • Thumbnail 171110 a9kikou02 10

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 前面展望を動画で見てみたい!youtubeとかで流してほしい!