奇抜さで町おこし? 「ラッピング公用車」が増加中 「痛公用車」も

二兎を追う? 「ふっかちゃん」公用車で広告収入

 埼玉県深谷市では、市のキャラクター「ふっかちゃん」をラッピングし「小ねぎジェット号」と名付けた公用車を2016年に導入。このクルマではさらに、車体の一部に広告スペースを設け、一般企業の広告を掲出しているといいます。深谷市に話を聞きました。

Large 171108 wrapping 02
「ふっかちゃん」がラッピングされた深谷市の公用車。広告が掲出されていない状態(画像:深谷市)。

――「ふっかちゃん」のラッピング公用車はどのような経緯で導入したのでしょうか?

 深谷市のPRのためです。「ふっかちゃん」を有名にし、それを入口に深谷市を知っていただく目的があります。イベントなどで「ふっかちゃん」を乗せて移動するほか、職員の出張などで使っています。

――広告スペースを設けたのはなぜでしょうか?

 広告収入により、自主財源を確保するためです。公用車に一般の広告を掲出するのはほかの自治体でも行われていますが、なかなかスポンサーが決まらないという悩みがあります。そこで、「ふっかちゃん」といっしょに広告を掲出できるようにしました。

※ ※ ※

 この「ふっかちゃん」公用車の広告スペースは車体側面と後面に6枠ありますが、スポンサーは入札によって決まるそうです。「多くの企業に応札いただきました」といい、増収に寄与しているようです。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 痛車の覆面パトカーがあったら嫌。