なぜ?「逆走」する特急 景色が後ろではなく、前に流れて行く…

座席の向きと逆に向かって走り出す特急列車があります。もちろん、座席の向きは変更が可能。なぜ、座席が進行方向を向いていないのでしょうか。

後ろに向かって走り出す

進行方向と逆を向いた座席(2017年10月、恵 知仁撮影)。

 座席が進行方向の逆を向いた状態で、運転される特急列車があります。もちろん、座席の向きは変更が可能です。

171105 midori 01
進行方向と逆を向いた座席(2017年10月、恵 知仁撮影)。

 福岡市の博多駅と長崎県の佐世保駅を結ぶ、JR九州の特急「みどり」。そのうち、佐世保発博多行きの「みどり」は、佐世保駅を発車したのち、わずか10分ほどで到着する早岐(はいき)駅で進行方向が変わります。

 そのため佐世保駅発車時、早岐駅から進行方向を向くよう、座席が逆にセットされているのです。

171105 midori 02 171105 midori 03 171105 midori 04
銀色の車両が博多~佐世保間を結ぶJR九州の特急「みどり」。
秋田新幹線「こまち」のE6系。
「JR日本最西端」をアピールするハンバーガー。

 同様の列車はほかにもあり、たとえば秋田新幹線「こまち」。上り列車は発車後およそ30分の大曲駅で進行方向が変わるため、座席が逆を向いた状態で秋田駅を発車します。

 このように進行方向がすぐ変わるとき、「逆向き座席」の場合があります。ちなみに佐世保駅は、JRでいちばん西にある駅です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(5枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171105 midori 11
  • Thumbnail 171105 midori 01
  • Thumbnail 171105 midori 02
  • Thumbnail 171105 midori 03
  • Thumbnail 171105 midori 04

最新記事

コメント

9件のコメント

  1. 名駅発の「ワイドビューひだ」も、岐阜駅で方向が変わるから逆向き発車ですね。

  2. 片瀬江ノ島から藤沢の間のロマンスカーも座席逆サイド

    • 他にも関東地方なら西武鉄道の飯能-西武秩父間がそうですね

  3. ふじかわの静岡~富士間の東海道本線区間は逆向き

  4. 方向は変わらないものの0系で進行逆になる固定席ありましたよ

  5. NEXの253系時代も。

    国鉄時代は進行方向が変わる駅に差し掛かる手前で、専務車掌氏が「お近くの皆様お誘いあわせの上~」なんて放送していた。懐かしい。
    今、例えばかつての“おおぞら3号”なんて運転すると、函館から逆向きで札幌まで、なんて羽目に(なるわけないか。)

  6. 「スーパーいなば」の上郡駅でも逆向きになりますよ。
    乗車していたら周りが座席を回転させ始めたので驚きました。

  7. JR九州の小倉駅も方向転換します。乗車したあとで席を回転させると、時々あれっ?という顔をする人がいて、発車してから納得していたり。昔の客車時代の東海道線の特急列車(富士、つばめ、はと等)は終点で一旦回送して編成まるごと方向転換していたとか(よって、展望車は上りも下りも最後尾)。

  8. あっという間に、これだけのほかにもありますコメント。
    もっとしっかり調べてから記事にしろよー、という感想だけしかもてない浅い記事になっちゃいましたね。

    がんばれー。