タイヤチェーン、どう選ぶ? 金属製と樹脂製、それぞれのメリットとデメリットとは

タイヤチェーンには、金属製と樹脂製の2種類が主流です。効き目や価格のうえでは金属製が優れていますが、一部区間では使用できない場合も。両者にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

効き目で優れる金属製 着脱しやすい樹脂製

 乗用車の冬道対策は、いまやスタッドレスタイヤの装着が主流といえるかもしれませんが、積雪地域に行くことがまれなので、必要な場所でタイヤチェーンを使うことで済ませたい、という人もいるでしょう。

Large 171130 chain 01
金属製チェーンのイメージ。写真のような「亀甲型」や、「ハシゴ型」などがある(画像:Anatoly Tiplyashin/123RF)。

 一方で、天候が急変しやすい場所などでは、スタッドレスタイヤをはいていても、チェーンの装着が必要な規制がかかることもあります。このため道路管理者などは、スタッドレスタイヤの装着とともに、タイヤチェーンの携行を呼び掛けています。

 いざというときのためにも備えておきたいタイヤチェーンには、どのようなものがあるのでしょうか。カー用品店「オートバックス」を展開するオートバックスセブン(東京都江東区)に話聞きました。

――タイヤチェーンにはどのようなものがあるのでしょうか?

 昔ながらの金属製チェーンと、ゴムなどの樹脂でできたものが主流です。ほかに「オートソック」といって布をタイヤにかぶせるタイプの簡易なものもありますが、これはチェーン規制に対応していないものも多く、あまり主流とはいえません。

――金属タイプと樹脂タイプのメリットとデメリットは、どのような点でしょうか。

 金属チェーンは、滑り止めの効き目としては申し分ありません。ただチェーンを地面に敷いて、クルマを動かしその上に乗り上げてタイヤへ取り付けたり、取り付けて100mほど走り、さらにきつく締める「増し締め」が必要になるものもあるなど、脱着に時間がかかることがデメリットといえます。とはいえ、近年ではクルマを停めたまま取り付けられるものや、自動で「増し締め」するものなども出てきています。

 一方、樹脂タイプは取り付けやすいのが大きなメリットです。クルマを停めたまま取り付けられるものも多く、装着ミスも少ないといえます。ただ、滑り止め性能としては金属よりも若干劣ります。

――価格面はいかがでしょうか?

 サイズにもよりますが、金属製がおおむね1万円台なのに対し、樹脂製は1万7、8000から、上は3万円、4万円のものもあります。

――売れ筋の傾向はいかがでしょうか?

 近年は金属チェーンを付けたことがない人が多くなっていることもあり、樹脂製のほうが幅広い世代に売れているとは思いますが、昔から金属製を愛用している方も少なくありません。

Logo厳選在庫常時400,000台以上!中古車情報を見る

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171130 chain 03
  • Thumbnail 171130 chain 01
  • Thumbnail 171130 chain 02

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 樹脂製のチェーンなら粉じんも上がらないのか?