高速道路上の落下物、踏んだ人が悪い? 事故の過失は問えるのか 損保会社に聞く

高速道路上の落下物は、ときに大きな事故につながる恐れがあります。ほかのクルマが落としたモノが原因で事故を起こした場合は、落とし主に過失は問えるのでしょうか。

落下物処理は90秒に1件!?

 多くの車両が高速で行き交う高速道路では、たとえ小さなモノでも、路上に落ちていれば事故につながりかねません。

171212 rakkabutsu 01
高速道路での落下物発生に伴い交通規制処理を行う交通管理隊のイメージ(画像:NEXCO東日本)。

 国土交通省の資料によると、2016年における高速道路での落下物処理件数はおよそ36万4000件(NEXCO3社および本四高速道路、首都高速道路、阪神高速道路の合計。動物処理含む)にも上ります。1日あたりではおよそ1000件で、90秒以内に1件処理されている計算です。落下物に衝突したり、乗り上げたりすることによる事故は、誰でも起こり得るといえるかもしれません。

 そのような落下物に起因する事故は、どのように扱われるのでしょうか。損害保険大手の損保ジャパン日本興亜(東京都新宿区)に聞きました。

――落下物へ衝突したり乗り上げたりしたことによる事故は、「自分が悪い」ということになるのでしょうか?

 いえ、落とし主にも過失が発生し、落とし主と過失交渉をしていきます。高速道路では後続車が落下物を避けることが困難なこともあるため、一般的には、落とし主のほうが過失は大きくなります。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171212 rakkabutsu 03
  • Thumbnail 171212 rakkabutsu 01
  • Thumbnail 171212 rakkabutsu 02

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 屋根に着雪した雪が直撃したら?ろくに雪降ろしもしないで出庫してきた路線バスやトラックの屋根から落ちた雪の固まりに何度も危ない目に会ったが、落石注意なんてのは落ちてくる石と落ちて転がってる石の双方なんでしょうかね?

  2. 高速道路と言うより事故多発道路

  3. >ごみ袋や毛布といった「プラスチック・ビニール・布類」がおよそ3割と最も多く
    どういう路線でこんなものでてくるんでしょうね?
    走行中に路外へ不法投棄の失敗とかなんでしょうか?

    一つだけ言えることは、こんなもので交通事故起きるとか笑えないと言うこと。