特急「あさぎり」の列車名、「ふじさん」に変更 2018年3月ダイヤ改正

2018年3月のダイヤ改正で、新宿~御殿場間を結ぶ特急「あさぎり」の列車名が「ふじさん」に変わります。

英語表記は「Mt.Fuji」

 小田急電鉄とJR東海は2017年12月15日(金)、新宿~御殿場間で運行する特急「あさぎり」の列車名を、「ふじさん」に変えると発表しました。

 変更は2018年3月17日(土)のダイヤ改正から。表記は、日本語が「ふじさん」、英語が「Mt.Fuji」です。

171215 mtfuji 01
特急「ふじさん」に使用される小田急60000形電車「MSE」(画像:小田急電鉄)。

 小田急電鉄によると、1959(昭和34)年以来、富士山西麓の朝霧高原にちなんだ列車名「あさぎり」で運転してきましたが、富士山方面へのダイレクトな運行を分かりやすく、また、増加する訪日外国人旅行者にも移動手段として選んでもらえるよう「ふじさん(Mt.Fuji)」に変更するといいます。

 ダイヤの面では、現在、下り新宿12時50分発の「あさぎり11号」は、改正後は8時40分発「ふじさん11号」になり、御殿場エリアでの買い物や観光に便利な時刻に変わります(改正前後とも土休日運転)。御殿場17時56分発の「あさぎり6号」も、改正後は18時47分発「ふじさん6号」に変わり、現地での滞在時間が拡大します。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171215 mtfuji 02
  • Thumbnail 171215 mtfuji 01

関連記事

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. どう考えても、富士急の「フジサン特急」と口頭での区別がつかない気がするんですが…

    富士急に文句いわれたりしていないんですか?

  2. JR御殿場線内に特定特急料金を設定するのが先だと思うけど。
    ・松田(新松田)駅~駿河小山駅間の運賃240円・特急料金640円~1,040円(通常期840円)
    ・松田(新松田)駅~御殿場駅間の運賃500円・特急料金640円~1,040円(通常期840円)
    ※上記の運賃・料金が小田急の新宿駅~松田(新松田)駅間の運賃・料金に上乗せされる。
    これだったら本数が多くて運賃が安い新宿高速バスターミナル~御殿場駅間の小田急高速バス(大人片道1,680円)を使うわ。

  3. モーニングライナーに落ち着くくらいだからね、長男が一郎、二男が二郎と何ら変わらんね

  4. 特急「富士」じゃダメなんかい。

  5. 「ごてんば」よりはマシなのかなぁ。といっても「ふじやま」ではあからさまに外人向けっぽいし、「ふがく」だと違うの連想しそうだし。むしろ変える必要ないけどな。

  6. 素直にうれしい。御殿場駅を良く使ってますが前から変な時間帯に走っているなぁと思っていました。いつもガラガラ