遭遇確率わずか8%の山手線新型電車E235系 実はこんな簡単に乗れる!

全51編成のうち、わずか4編成しかない山手線の新型車両E235系電車。なかなか目にしないかもしれませんが、この車両に簡単に乗れる方法があります。

あと何本待てば新型車両が来るかがわかる

 2015年11月に、「量産先行車」の1編成がデビューした山手線の新型車両E235系電車。いよいよ2017年5月22日(月)より「量産車」の投入が始まりましたが、まだその数は、山手線全51編成のうち、わずか4編成(2017年6月2日現在。量産先行車と量産車の合計)。出会える確率は単純計算で8%程度のため、ふだんから山手線を利用していても、目にしたことがない人もいるかもしれません。

170601 e235 01
営業運転開始を前に、山手線で試運転を行っていたE235系の量産先行車(2015年9月、恵 知仁撮影)。

 そんなE235系に、簡単に乗れる方法があります。JR東日本の公式スマートフォンアプリ「JR東日本アプリ」を使うのです。

 アプリ内のメニュー「列車に乗る」から、「列車走行位置(山手線トレインネット)」を開きます。そうすると、山手線内回り・外回りにおける現在の列車走行位置が表示されます。E235系を使用した列車は専用のアイコンで表示されているため、自分がいる山手線の駅で、あと列車を何本待てば新型のE235系がやって来るかが、すぐにわかるのです。

170601 e235 02
「JR東日本アプリ」における、山手線の列車走行位置表示画面。E235系は専用のアイコンで表される。

 ちなみに、この画面でそれぞれの列車アイコンをタップすると、その列車の号車ごとの室温、混雑の度合い、車いすやベビーカーを利用しやすい多目的スペースの有無などが表示されるため、すいている車両を選んで乗ることもできます。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170601 e235 03
  • Thumbnail 170601 e235 01
  • Thumbnail 170601 e235 02

最新記事

コメント

11件のコメント

  1. 既にE235系よりもE231系の転配の動向に焦点が移ってますがね…転属先はいずれもE231系のメカニズムを持つ車両同士の入替というのもあまり無かった事だし。

  2. 網棚が低くなってるのは、地味にありがたい。
    シート端の袖仕切りはもっと大きくしても…
    いまだに尻に(尻が)当たったの当たらないのトラブルあるし。

  3. え?いまさら?
    235系が走り出した当初から表示されてたけど、、、

  4. アイコンは他の路線でもやって欲しいなあ
    車両の変化に乏しい路線であっても、顔が見えるかどうかで気持ちが変わる部分はあると思う

    • その場合問題なのは異系列同士の連結運用のある東海道・東北・高崎各線ですかね。上東京ライン開業時からE231・E233系が共通運用になった関係上、日常的に異系列連結がみられますし。

  5. 今にイヤでもゲップが出るほど乗れるようになるよ。
    E231の方に心置きなく乗っておくべきじゃないか。
    新宿での“移転済組”と“未移転組”との並びも短い期間だろうが比較的頻繁に実現するようになる。
    それも拝んでおくとしよう。

  6. 細かな改良は良いと思います。
    個人的には、側面の行先表示と座席の末端の仕切り板?をもう少し大きくしてほしいかったですね。

  7. この車型は山手線一筋なんかいね?何か八高線にも染まれそうだけど?長崎の路面電車なんか意外に低床車が少ないんだけど、これも位置情報が提供されて車椅子で利用する人は運転士さんに車椅子での利用を伝えることが可能なようだよ、

  8. 防犯カメラを来年から導入するそうですが、もっと早くできなかったのかな?既存の車両は改造ですよね?E657の件もそうですが、なんかJ東は、無駄な動きが多いですね。

    • 東に限らず、JRはどこも腰が重いよ。
      副業ならそうでもなさそうだけどね。

    • イメージ優先だからね、だから女性専用車両なんて男性が利用できない車両じゃなくて男性が利用したら都合が悪いだけの車両で他の車両で男女が混じって乗る現実を放置するのも限界と言ったとこでしょ、