東京の「410円タクシー」まもなく1年 短距離安く長距離値上げ 増収につながったのか

東京23区および武蔵野市、三鷹市のタクシーで初乗り運賃が730円から410円へ引き下げられてから、まもなく1年が経ちます。短距離の運賃を引き下げ「ちょい乗り」しやすくする政策は、どのような効果をもたらしたのでしょうか。

気軽に利用できるようになった? 利用者の声は

 2017年1月30日に東京23区および武蔵野市、三鷹市のタクシーで、初乗り運賃が730円(2.0km)から410円(1.052km)へ引き下げられ、まもなく1年が経過します。

Large 171225 taxi410 01
2017年10月から走り始めたトヨタ「JPNタクシー」。東京23区および武蔵野市、三鷹市では初乗り運賃が410円となっている(2017年12月、乗りものニュース編集部撮影)。

 同地域では、国土交通大臣が指定した運賃の範囲「公定幅運賃」内で、事業者が運賃を選択し、届け出る仕組みが導入されています。2017年1月29日以前の公定幅運賃は初乗り700円から730円、1月30日以後は380円から410円ですが、現在、実質的にはほとんどの事業者が上限運賃である初乗り410円を適用しています。

 国土交通省はこの運賃改定に際し、「短距離利用者からの運賃収入について一定の減収が見込まれることから、その減収を、中長距離利用者の運賃引き上げによってカバー」し、全体として運賃収入が変わらないようにしつつ、「タクシーを短距離でも利用しやすいものにする」としていました。国土交通省が提示した新旧運賃の比較例では、約2kmまでの運賃は引き下げ、約2kmから約6.5kmまでの運賃は引き下げになる部分と引き上げになる部分があり、約6.5km以上の運賃は引き上げになるとされています。

 運賃改定後、利用者からはどのような声が寄せられているのでしょうか。東京23区および武蔵野市、三鷹市のタクシーに関する意見やクレームを集めている東京タクシーセンター(江東区)に話を聞きました。

――運賃改定について、全体的にはどのような声がありますでしょうか?

 新運賃について、特段ひんぱんにクレームをいただくことはなく、全体的には「気軽に利用できるようになった」という声が多いです。新運賃が始まった当初、一般モニターの方からは「駅から家の近くまでが坂道なので、(運賃の)引き下げで利用回数が増えそう」「近距離が使いやすくなった」「手荷物が多い人には便利で、お年寄りや訪日外国人が気軽に利用できるようになる」という声がありました。

 一方で、長距離は実質値上げとなるので「長距離ユーザーにとっては理解しがたい」「実際に値上げに感じた」という声もありました。ただ、現在は新運賃が浸透してきたこともあり、そうした長距離を利用されるお客様からのクレームも少なくなってきています。

――ドライバーからはどのような声がありますでしょうか?

 お客様からのクレームでお話ししますと、ドライバーに「近距離(の利用)でごめんね」と伝えたところ、「近い客ばかりだと商売あがったりだ」などと言われた、という声も寄せられています。

トヨタ アルファードの中古車情報

U00023550663 003l

排気量
2360cc~3500cc
価格帯
5.0万円~1499.0万円

中古車情報を見る

トヨタ ハリアーの中古車情報

Uz0024355928 001l

排気量
1980cc~3500cc
価格帯
18.8万円~1125.9万円

中古車情報を見る

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171225 taxi410 02
  • Thumbnail 171225 taxi410 01

関連記事

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. >東京23区および武蔵野市、三鷹市のタクシー
    ってよく言うけど狛江市は含まれないんだろうかといつも疑問に思うのよね。
    狛江市は世田谷区に吸収されているのかと。

    • 含まれません
      23区+武蔵野市・三鷹市と多摩地区では料金体系が異なります
      で、狛江市は料金体系制度上は多摩地区に分類されてるので

  2. 訂正
    狛江市は含んでもらえないのかって話ね。

  3. 東京へ観光に行く時の為に覚えておこう

  4. んなわけねーだろ

  5. 増収になるのか?利益は出ないだろ
    そのへんのチェーン店と同じ、営業時間延ばせば売り上げは増える
    だがしかし利益は出ない