大阪阿部野橋駅で昇降ロープ式ホームドアを実証実験 近鉄

近鉄が、大阪阿部野橋駅のホームの一部で昇降ロープ式ホームドアを設置し、実証試験を行います。

扉の配置や数の違いに対応

 近鉄が2018年1月20日(土)から、大阪阿部野橋駅のホームの一部で昇降ロープ式ホームドアを設置し、実証試験を行います。詳細は次のとおりです。

Large 180112 door 01
昇降ロープ式ホームドア降下時の様子(画像:近鉄)。

・設置場所は、南大阪線大阪阿部野橋駅4番線乗車ホーム(車止めから4両目の位置)。

・ホームドアは、水平に複数配置したワイヤーロープを上下させる方式を採用し、広い乗車口を確保。扉の配置や数の違いに対応。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180112 door 02
  • Thumbnail 180112 door 01

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. いくらなんでも存在感なさすぎだろ、これ

  2. JRWみたいに、ロープに近づくだけで爆音なるのか?
    ロープ式本当に嫌い。

  3. 阪急電鉄も昇降式のロープ付きのホームドアを早急に設置して欲しい。
    それなら経費もそんなにかからないと思います。

  4. 小田急や相鉄でも昇降バーかロープ式ホームドアを増やした方が良いと思います。
    小田急の場合、ロマンスカーでドア式が採用できない事情があるから。
    小田急は関東私鉄でホームドア設置率が一番、低いからバーかロープ式にしないと弊害が起きそうです。