日産、新型コンセプトカー「Xmotion」世界初公開 北米国際自動車ショーで(写真24枚)

日産が「2018年北米国際自動車ショー」で、コンセプトカー「Xmotion」を発表しました。「Xmotion」は3列シートのSUVで、2020年以降の日産ブランドデザインの方向性のひとつを示唆しているといいます。

Vモーショングリルは日本建築からヒント

 日産は2018年1月15日(月)、米国デトロイトで開催されている「2018年北米国際自動車ショー」で、コンセプトカー「Xmotion(クロスモーション)」を世界初公開しました。

「Xmotion」は3列シートのSUVで、日産は2020年以降の同社ブランドデザインの方向性のひとつを示唆しているといいます。詳細は次のとおりです。

Large 180116 xmotion 01
コンセプトカー「Xmotion」のイメージ(画像:日産)。

・日産が採用しているフロントグリルデザインのVモーショングリルや、ブーメラン型ヘッドランプなど、ブランド独自のデザインシグネチャーを採用。

・日本建築からヒントを得たVモーショングリルは、グリルの幅と奥行きを確保。深みのあるカーボンカラーと高い光沢に。

・シャープなラインで構成されたブーメランヘッドランプは、ハイビームやロービーム、ターンシグナル、ポジショニングランプなど、すべての機能をひとつのユニットに統合。

・日本の伝統的な木工である「組子」のディテールやパズルから影響されたリアコンビランプは、ホログラム技術による視覚の錯覚を利用して見せる手法を採用。

・U字型のハイライトが入る面構成を持つボディサイドは、フロントフェンダーからリアフェンダーまで滑らかにフローを表現。

・長いホイールベースと4つのコーナーにタイヤを配し、若いユーザーのライフスタイルに対応できる「4 + 2」のレイアウトを実現。

・3列に並んだ独立性の高い座席は、2組のカップルと子供やペットなどにも最適な空間を提供するように設計。

・補助席を確保するために、収納式の「ルーフトップボックス」を搭載。「ルーフトップボックス」はバッグやレクリエーションツールを収納するのに十分なフレキシビリティと、走行時の空力性能を両立したデザインに。

 日産のグローバルデザインを担当する専務執行役員のアルフォンソ・アルバイサさんは、「『Xmotion』では、ニッサンインテリジェントモビリティの、より堅牢で力強い側面を追求しました。大胆でパワフルな形とどこにでも走って行けるようなタフなプロポーションは、現代的な手法で昇華された日本の伝統工芸の要素と鮮やかなコントラストとなっています」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(24枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180116 xmotion 02
  • Thumbnail 180116 xmotion 03
  • Thumbnail 180116 xmotion 04
  • Thumbnail 180116 xmotion 05
  • Thumbnail 180116 xmotion 06
  • Thumbnail 180116 xmotion 07
  • Thumbnail 180116 xmotion 08
  • Thumbnail 180116 xmotion 09
  • Thumbnail 180116 xmotion 10
  • Thumbnail 180116 xmotion 11
  • Thumbnail 180116 xmotion 12
  • Thumbnail 180116 xmotion 13
  • Thumbnail 180116 xmotion 14
  • Thumbnail 180116 xmotion 15
  • Thumbnail 180116 xmotion 16
  • Thumbnail 180116 xmotion 17
  • Thumbnail 180116 xmotion 18
  • Thumbnail 180116 xmotion 19
  • Thumbnail 180116 xmotion 20
  • Thumbnail 180116 xmotion 21
  • Thumbnail 180116 xmotion 22
  • Thumbnail 180116 xmotion 23
  • Thumbnail 180116 xmotion 24
  • Thumbnail 180116 xmotion 01

関連記事

最新記事

コメント