凍ったフロントガラス、熱湯かけると危険? 効果的な除去方法は

お金をかけずに霜を取る方法は?

――お金をかけない方法としては、どのようなものがあるでしょうか?

 湿らせたタオルやマイクロファイバーで少しずつこすっていくことは、大変かもしれませんがクルマには優しい方法です。あとは、夜のうちにフロントガラス用のカバーや、使わなくなった毛布などをかけて、なるべく凍らせないことでしょうか。

 クルマのデフロスター(霜取り)で溶かしていくことも、時間はかかりますが、エンジンが暖まっていない状態から徐々に温度を上げていきますので、お湯をかけるよりはよい方法です。ただ、暖気が当たらない部分との境目でガラスに温度差が生じ、場合によってはひび割れの原因になるともいわれます。

※ ※ ※

 熱湯がダメでも、ぬるま湯ならば、と思う人もいるかもしれません。しかし、「ぬるま湯でもガラスに温度変化を与えるのは変わりなく、ガラスにどこかしらダメージがあった場合などには割れる懸念があるといえるでしょう」(オートバックスセブン)といいます。また、ウインドーウォッシャーを使ってワイパーでふき取ることも、そもそもワイパーが凍っているので「ビビり」(ふき取る際に異音が出ること)の原因になるそうです。

【了】

テーマ特集「【自動車】意外と知らない! 明日使える自動車トリビア」へ

この記事の画像をもっと見る(2枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

4件のコメント

  1. 凍ったフロントガラス❗を溶かすには、熱湯で簡単にかけると、すぐ溶けますよ❗それでワイパーは、この時期は毎日立てておいた方がいいですね❗ワイパーを普通のジョータイにして熱湯をかけるとワイパーが変形してしまうおそれがあります❗

  2. そのメガホン型とやらの画像こそ載せようよ! どんだけ怠慢なのさ

  3. 温度を急変させでが割れる、もしくは応力をとどめさせる可能性は常識の問題だろうな。

  4. ヤフーニュースでアクセス数を稼ぐためのタイトルをやめてくれないですか?