東上線の池袋駅、4月にホームドア使用開始 川越駅は一足早く稼働スタート 東武

東武鉄道が東上線の池袋駅にホームドアを導入します。川越駅はこれに先駆けて稼働が始まる予定です。

1番ホームに導入

 東武鉄道は2018年3月1日(木)、東上線の池袋駅1番ホームで、4月21日(土)からホームドアの使用を開始すると発表しました。

Large 180302 tobuikebukuro 01
池袋駅のホームドア設置イメージ(画像:東武鉄道)。

 ホームの安全性とバリアフリーの向上を目的に導入するもので、設置工事は3月11日(日)から開始されます。ホームドアの長さは10両編成に対応します。

 東武東上線では、3月17日(土)から川越駅(埼玉県川越市)でホームドアの使用が始まる予定です。また、2020年度末までには朝霞駅と志木駅にもホームドアが整備される計画です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180302 tobuikebukuro 02
  • Thumbnail 180302 tobuikebukuro 01

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. いつも思うんだけどさ、何でドア部分以外も透明のホームドアにしないんだろう。山手線とかもそうだけど昼間でもホームが暗いんだよね。地下鉄でも何か圧迫感感じるし。
    昔豊洲に試験的に設置されてたでしょ、ああいうのにすれば良いと思うんだけど。
    やっぱあれですか、「ホームドア利権」ってやつで独占されてるとか?

    • コスト面も考えようか。