ANA、ピーチを基盤にバニラを統合 アジアのリーディングLCC目指す

ANA傘下のLCC、ピーチとバニラ・エアが、ピーチを基盤に統合。競争力の強化と新しい国内需要の喚起、訪日需要の獲得が目指されます。

互いの強みとスケールメリットで競争力を強化

 ANAホールディングスの片野坂真哉代表取締役社長とピーチ・アビエーション(以下ピーチ)の井上慎一代表取締役CEO、バニラ・エアの五島勝也代表取締役社長は2018年3月22日(木)、ANA傘下のLCC(ローコストキャリア)であるピーチとバニラ・エアの統合を発表しました。

 両社は2018年度下期より統合に向けたプロセスを開始し、2019年末を目処にピーチを基盤に統合します。

180322 anapress01
写真右から、バニラ・エア 五島勝也社長、ANAホールディングス 片野坂真哉社長、ピーチ・アビエーション 井上慎一CEO(2018年3月22日、乗りものニュース編集部撮影)。

 ピーチは現在、関西空港を拠点に国内15路線、海外14路線に就航。バニラ・エアはリゾート路線を中心に国内6路線、海外7路線に就航しています。統合の目的は、国内における新規需要を開拓し、旺盛な訪日需要をさらに獲得して行くためとのことで、いまがベストのタイミングであると判断したそうです。

 また、統合後もこれまでの独自性にさらに磨きをかけ、小型機LCC事業領域の拡充を加速。新たなマーケットである中距離LCC領域に進出し、アジアのリーディングLCCを目指すといいます。

 ピーチの井上CEOは今回の統合について、「2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて競争が激化するなかで勝ち残るため、ピーチとバニラがもつ互いの強みとヒューマンリソースを生かし、このタイミングで結集させることを決断しました」としています。

 一方、バニラ・エアの五島社長は、ピーチとの競合する路線は3路線でほとんど路線が重複しないことから、「ピーチとの統合はスケールメリットで競争力を高め、効率的事業運営を行うことにつながります」と話します。

 両者を傘下に持つANAホールディングスの片野坂社長は、「統合後のピーチとフルサービスキャリアのANAグループ全体で安全運航を堅持し、様々なお客様にニーズにあったサービスを展開、グループ全体で収益の最大化を目指します」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180322 anapress 02
  • Thumbnail 180322 anapress01

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. エアアジアからの衣替え時にやっておけばよかったのに
    とは思いますが、今になると海外空港での、なんだか
    やたら可愛く見えた「香草航空」表示がなくなるのは
    ちょっと寂しい気もします。

    たこ焼き機内食や関西弁CAなど、ピーチらしい関西色が
    薄れてしまいませんように。