「ぐで玉川上水駅」誕生! ホーム待合室も「ぐでたま」デザインに 西武

西武鉄道が「スマイルトレイン10th×ぐでたま5th記念キャンペーン ~レールの上にも10年、白身の上にも5年~」の第2弾として、玉川上水駅で「ぐで玉川上水駅」デザインの展開などを行います。

所沢駅のホーム待合室も「ぐでたま」に

 西武鉄道とサンリオは2018年3月28日(水)、「スマイルトレイン10th×ぐでたま5th記念キャンペーン ~レールの上にも10年、白身の上にも5年~」の第2弾として、玉川上水駅や所沢駅の一部駅名標やホーム待合室を「ぐでたま」デザインに装飾すると発表しました。

Large 180329 seibugudetama 01
「ぐで玉川上水駅」になった駅舎駅名標(画像:西武鉄道)。

「生みたてのたまごのようなやさしく、やわらかなふくらみ」(西武鉄道)をイメージした30000系電車は、2008(平成20)年4月の運行開始から今年で10周年を迎えます。これと、誕生5周年のサンリオキャラクター「ぐでたま」が“たまごモチーフ”つながりでコラボ。その第1弾として、黄色い30000系「ぐでたまスマイルトレイン」の運行(3月5日~)や、玉川上水駅へのフォトスポット設置が行われています。

 第2弾では、玉川上水駅の駅舎駅名標や一部の柱駅名標が「ぐで玉川上水駅」のデザインに。また、同駅と所沢駅のホーム待合室も「ぐでたま」のデザインに装飾されます。

 期間は、玉川上水駅が30日(金)から、所沢駅が31日(土)からで、いずれも12月下旬までの予定です。

 西武鉄道は、26日(月)からスマートフォン向けアプリ「西武線アプリ」を配信。このなかには、列車の走行位置がリアルタイムで分かる「列車位置情報」機能が搭載されています。「ラッピング列車一覧」から30000系「ぐでたまスマイルトレイン」の走行位置確認も簡単に可能。西武鉄道とサンリオは「ぜひ、『西武線アプリ』をダウンロードのうえ、『ぐでたまスマイルトレイン』にご乗車ください」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(8枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180329 seibugudetama 02
  • Thumbnail 180329 seibugudetama 03
  • Thumbnail 180329 seibugudetama 04
  • Thumbnail 180329 seibugudetama 05
  • Thumbnail 180329 seibugudetama 06
  • Thumbnail 180329 seibugudetama 07
  • Thumbnail 180329 seibugudetama 08
  • Thumbnail 180329 seibugudetama 01

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. でもさぁ。ぐでたまトレインは
    池袋線専用じゃん。
    拝島線には入らないんでしょ。 
    なんかやってること半端だよね。