「弱冷車」車両を変更 6両編成は上り・下り双方から2両目に JR西日本

JR西日本が、在来線の一部列車に設定している「弱冷車」の車両を変更。ステッカーも、日英の2か国語表記に変更されます。

ステッカーは2か国語表記に

 JR西日本は2018年4月2日(月)、「弱冷車」の車両を変更すると発表しました。

Large 180402 jrwmacc 01
現行と変更後の「弱冷車」設定車両(画像:JR西日本)。

 弱冷車は在来線の一部の列車で、冷房が苦手な人向けに、設定温度を他の車両より摂氏1~2度高めにしている車両です。

 5月7日(月)始発から、4両編成は下り方1両目から2両目に、6両編成は1・2両目から2・5両目に順次変更されます。対象は近畿・広島地区の4両以上の列車と、金沢・岡山地区の3両以上の列車です。

 なお、車両の変更に伴い、弱冷車であることを示すステッカーに、「Mildly Air-Conditioned Car」を追加し、日本語・英語の2か国語表記とされます。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180402 jrwmacc 02
  • Thumbnail 180402 jrwmacc 01

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 良いことだね。
    1、2号車が弱冷房、3号車が女性専用なので、夏場などは半分の4、5、6号車しか乗れずにとても不便でしたからね。

  2. なんか空いている車両がある!と思ったら、弱冷車。
    そもそも2両も必要なのかね?