全新造車両に防犯カメラ設置へ 既存の一部特急車両も改造で導入 JR東日本

JR東日本が、2018年度以降に新造するすべての旅客車両に車内防犯カメラを設置。既存の一部特急形電車も、改造して導入します。

カメラ作動中をステッカーで表示

 JR東日本は2018年4月3日(火)、列車内のセキュリティレベル向上を目的として、2018年度以降に新造する在来線、新幹線のすべての旅客車両に、車内防犯カメラを標準的に設置すると発表しました。

Large 180403 jrecamera 01
中央本線の特急「スーパーあずさ」に使われているE353系電車(画像:JR東日本)。

 また、中央本線の特急「スーパーあずさ」E353系と、常磐線の特急「ひたち」「ときわ」などに使われているE657系(全170両)は2018年度冬以降に、特急「成田エクスプレス」に使われているE259系(全132両)は2019年度春以降に、それぞれ改造を実施し、車内防犯カメラを順次設置する方針です。なお、「スーパーあずさ」E353系はすでに87両に車内防犯カメラが導入されています。

 JR東日本では現在、東北・北海道新幹線「はやぶさ」などのE5系、秋田新幹線「こまち」などのE6系、北陸新幹線のE7系、山手線のE235系などで車内防犯カメラを運用しています。今後設置する車両においても、カメラが作動中であることを示すステッカーを掲出。映像は関係法令や社内規程などに基づき、厳正に取り扱うとしています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180403 jrecamera 02
  • Thumbnail 180403 jrecamera 03
  • Thumbnail 180403 jrecamera 04
  • Thumbnail 180403 jrecamera 01

関連記事

最新記事

コメント