豪華寝台列車「四季島」に乗車! あえて見せるエンジン 車内は「演出」も凝っていた!(写真31枚)

「デラックススイート」とラウンジ、ダイニングへ

 次は、1室だけある客室「デラックススイート」へ。室内には2人分のソファベッド、洗面台、トイレのほか、暖炉(模擬)、ひのき風呂が用意されています。また、1両の約半分を使った客室は、2.9mという高い天井と相まって、“広さ”を感じました。

 旅行代金は1泊2日コース2名1室利用の場合で、40万円です(1名分。3泊4日コース2名1室利用の場合は90万円)。

Large 180411 shikishima 05 Large 180411 shikishima 06 Large 180411 shikishima 07
天井が高い「デラックススイート」。
カクテルも頼めるラウンジ「こもれび」。
ダイニング「しきしま」にはワインセラーも。

 5号車のラウンジ「こもれび」は、樹木を模した造形が印象的。バーカウンターでは24時間いつでも、ドリンクが提供されます(アルコールを含めフリードリンク)。なお、「四季島」は10両編成ですが、乗降口があるのはこの5号車だけ。ラウンジ「こもれび」を通って、外と客室を出入りする形です。

 隣の6号車はダイニング「しきしま」。席は通常の場所、高い場所と2タイプあり、食事ごとに雰囲気の変化を楽しめそうです。また料理は、半調理されたものを温めるなどではなく、ゼロから車内のキッチンで作っているといいます。

テーマ特集「【鉄道】瑞風、四季島、ななつ星…クルーズトレインの特徴、サービス、料金は?」へ

この記事の画像をもっと見る(31枚)

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント